Posted at

GooglePlayStoreの「地域」判定について

More than 1 year has passed since last update.


GooglePlayStoreにおける「地域」とは

hoge.png

PlayStoreの下の方にある↑コレ

「地域」はアプリの価格通貨の判定に使われているみたい。

普通にブラウザからアクセスする場合は問題ないが、

プログラムからデータを取得したい時に「地域」がアメリカになってしまったので解決策を調べた。


「地域」を日本にするには

ヘッダーにUserAgentをつける。

import requests

url = "hoge"
headers = {'User-Agent': 'fugahoge'} # UAはなんでもよい
page = requests.get(url, headers=headers)

正直どういう原理で「地域」を判定しているかははっきり分からないが、

UAがないとアメリカになることはわかったので解決。

この仕様がいつまで通用するか保証はないです。


ちなみに「言語」は

クエリーパラメータに hl=ja をつけることで明確に「日本語」に設定することができる。