Help us understand the problem. What is going on with this article?

Macのターミナルで簡単に画像処理できるsipsの使い方

More than 3 years have passed since last update.

■ Macでsipsを使う

Macではターミナルで画像情報取得や簡単な画像処理ができる"sips"コマンドが使えます。ピクセルサイズやbit深度などの情報確認、リサイズやクロップ、フリップ、回転などの画像処理に手軽に使えて便利です。

① 画像情報の確認

画像サイズ
$ sips -g pixelWidth -g pixelHeight <imagefilepath>

画像フォーマット
$ sips -g format <imagefilepath>

画像の全プロパティー
$ sips -g all <imagefilepath>

② 画像リサイズ

画像のアスペクト比を変えたくない場合は、
$ sips -Z <pixelsWH> <imagefilepath> リサイズして上書き
$ sips -Z <pixelsWH> <imagefilepath> -o <newimagefilepath> リサイズして別名で保存

例えば画像(img0001.png)を縦x横 256x256にリサイズして別名ファイル(img0001new.png)で保存たい場合は以下のようにします。
sips -Z 256 img0001.png -o img0001new.png

画像のアスペクト比が変わって良い場合は、
$ sips -z <pixelsH> <pixelsW> <imagefilepath>

③ 画像クロップ(切り出し)

$ sips -c <pixelsH> <pixelsW> <imagefilepath>

④ 画像フリップ

$ sips -f horizontal <imagefilepath> 水平フリップ
$ sips -f vertical <imagefilepath>  垂直フリップ

⑤ 画像回転

$ sips -r <degreesCW> <imagefilepath>

例えば時計周りに90度回転させたい場合は、
sips -r 90 img0001.png

⑥ 画像フォーマット変換

$ sips -s format <format> <originalfilepath> -o <changedfilepath>

formatは、 jpeg | tiff | png | gif | jp2 | pict | bmp | qtif | psd | sgi | tga
例えばjpg画像(img.jpg)をpng画像(img.png)に変換したい場合は、
sips -s format png img.jpg -o img.png

⑦ 画像パッディング(画枠付け)

$ sips -p <pixelsH> <pixelsW> --padColor <hexcolor> <originalfilepath> -o <changedfilepath>

colorはHex指定で、White=FFFFFF、Red=FF0000、Default=Black=000000です。例えば元画像(300x300ピクセル)の周りに50ピクセル幅で緑色(Green255=00FF00)の画枠をつけたい場合は、
sips -p 350 350 --padColor 00FF00 img0001.jpg -o img0001new.jpg

何故かpngではcolorの指定が効きませんでした。

より詳しい使い方

manで確認してください。
$ man sips

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした