Edited at

Macのターミナルで簡単に画像処理できるsipsの使い方

More than 3 years have passed since last update.


■ Macでsipsを使う

Macではターミナルで画像情報取得や簡単な画像処理ができる"sips"コマンドが使えます。ピクセルサイズやbit深度などの情報確認、リサイズやクロップ、フリップ、回転などの画像処理に手軽に使えて便利です。


① 画像情報の確認

画像サイズ

$ sips -g pixelWidth -g pixelHeight <imagefilepath>



画像フォーマット

$ sips -g format <imagefilepath>



画像の全プロパティー

$ sips -g all <imagefilepath>


② 画像リサイズ

画像のアスペクト比を変えたくない場合は、

$ sips -Z <pixelsWH> <imagefilepath> リサイズして上書き

$ sips -Z <pixelsWH> <imagefilepath> -o <newimagefilepath> リサイズして別名で保存

例えば画像(img0001.png)を縦x横 256x256にリサイズして別名ファイル(img0001new.png)で保存たい場合は以下のようにします。

sips -Z 256 img0001.png -o img0001new.png

画像のアスペクト比が変わって良い場合は、

$ sips -z <pixelsH> <pixelsW> <imagefilepath>


③ 画像クロップ(切り出し)

$ sips -c <pixelsH> <pixelsW> <imagefilepath>


④ 画像フリップ

$ sips -f horizontal <imagefilepath> 水平フリップ

$ sips -f vertical <imagefilepath>  垂直フリップ


⑤ 画像回転

$ sips -r <degreesCW> <imagefilepath>



例えば時計周りに90度回転させたい場合は、

sips -r 90 img0001.png


⑥ 画像フォーマット変換

$ sips -s format <format> <originalfilepath> -o <changedfilepath>



formatは、 jpeg | tiff | png | gif | jp2 | pict | bmp | qtif | psd | sgi | tga

例えばjpg画像(img.jpg)をpng画像(img.png)に変換したい場合は、

sips -s format png img.jpg -o img.png


⑦ 画像パッディング(画枠付け)

$ sips -p <pixelsH> <pixelsW> --padColor <hexcolor> <originalfilepath> -o <changedfilepath>



colorはHex指定で、White=FFFFFF、Red=FF0000、Default=Black=000000です。例えば元画像(300x300ピクセル)の周りに50ピクセル幅で緑色(Green255=00FF00)の画枠をつけたい場合は、

sips -p 350 350 --padColor 00FF00 img0001.jpg -o img0001new.jpg

何故かpngではcolorの指定が効きませんでした。


より詳しい使い方

manで確認してください。

$ man sips