Help us understand the problem. What is going on with this article?

S3のプロパティの活用

S3のプロパティについて、まとめて観た。

Amazon S3 で基本について書いているのでこちらも参考に。

1.バージョンニング

バージョン管理して複数のバージョンを確認する

2.サーバアクセスログ記録

バケットのアクセスに対するログを取得することができます。

なお、記録する際は以下のことが推奨されている。

  • 単一のAWSアカウント
  • 同じリージョン ※ログ記録が有効になっている場合、ログはソースバケットと同じ AWS リージョンのバケットに保存されます。
  • ソースバケットとターゲットバケットは異なるものにする

Amazon S3 サーバーアクセスのログ記録

3.Static website hosting

静的ウェブホスティングサイトを作成する。

独自ドメインを使用して、静的ウェブサイトを作成する(Route 53 + S3)

4.オブジェクトレベルのログ記録

オブジェクト単位でログを有効化して記録することができる。(有料)

5.デフォルト暗号化

バケットのオブジェクトに対してデフォルトで暗号化をかける。

AWS S3デフォルト暗号化をやってみた

6.オブジェクトのロック

削除ができないように設定する。バケットを作るときに作成する必要がある。

7.Tags

タグを作成して、管理する。

8.Transfer acceleration

エッジロケーションを使って、高速でクライアントとデータのやりとりをする。

9.Event

SNS,SQS,Lambdaを使って連動する。

10.リクエスタ支払い

データを使う側に支払ってもらう。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした