Edited at

MBA勉強ノート

More than 3 years have passed since last update.

グロービス経営大学院の「MBAマネジメント・ブック」を読みながらメモをまとめてみた。

※MBAとは:Master of Business Administrationの略称で、経営学修士号を意味


経営戦略


経営理念

企業の存在意義や使命を、普遍的な形で表した基本価値観


ビジョン

経営理念で規定された経営姿勢や存在意義に基づき、ある時点までに「こうなっていたい」と考える到達点、つまり自社が目指す中期的なイメージを、投資家や従業員や社会全体に向けて示したもの


戦略レベル


  • 全社戦略 : どの事業領域(事業ドメイン)で戦い、何を競争力の源泉とし、どのような事業の組み合わせ(事業ポートフォリオ)を持ち、どのように経営資源を各事業に配分するか決定する

  • 事業戦略 : 個別の事業分野において競争に勝ち抜くための戦略を考える

  • 機能戦略 : 事業戦略を実現させるための施策を機能別に落とし込み、機能別の視点から戦略をいかに実施していくか考える



全社戦略


  1. ドメイン

  2. コア・コンピタンス

  3. 資源配分

1どこで戦うのか「戦う土俵」を決め、2そこで他社より優位に立てる能力を発揮し、3その優位性を維持・発展できるように経営資源を配分すること


コア・コンピタンス


  1. 模倣可能性

  2. 移転可能性

  3. 代替可能性

  4. 希少性

  5. 耐久性


事業ライフサイクル


  1. 導入期

  2. 成長期

  3. 成熟期

  4. 衰退期


ポートフォリオ・マトリクス


  • プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM):事業を、市場成長率、相対マーケットシェアから「花形」「問題児」「金のなる木」「負け犬」に分ける

  • ビジネス・スクリーン(GHのポートフォリオ):事業地位、業界の魅力度から高・中・低に分ける


アンゾフの事業拡大マトリクス

市場浸透後

 └ 新製品投入(製品開発)

 └ 市場拡大(市場開発)

 └ 新市場における新製品の投入(多角化)



事業戦略


競争優位を築くための基本戦略


  1. コストリーダーシップ戦略:競合他社より低いコストで実現

  2. 差別化戦略:業界の中でユニークだと見られる何かを創造

  3. 集中戦略:特定の顧客層、製品、市場に経営資源を集中させること



外部環境分析


マクロ環境分析


  • 政治 (Politics)

  • 経済 (Economy)

  • 社会 (Society)

  • 技術 (Technology)

⇒PESTと呼ばれる


3C分析


  • 市場(顧客) (Customer)

  • 競合 (Competitor)

  • 自社 (Company)


SWOT分析


内部環境分析


  • 強み

  • 弱み


外部環境分析


  • 機会

  • 脅威


業界分析、業界構造と「5つの力」


  1. 新規参入の脅威

  2. 代替品の脅威

  3. 買い手の交渉力

  4. 売り手の交渉力

  5. 業界内の協業他社


4つの事業タイプ


  1. 特化型事業:やり方により儲かる

  2. 規模型事業:大きないと儲からない

  3. 分散型事業:大きくなれない

  4. 手づまり型事業: 誰も儲からない


バリューチェーン(価値連鎖)


  • 支援活動:人事、経理、技術開発などの間接部門

  • 主活動:購買物流、製造、出荷物流、販売・マーケティング、アフターサービス


競争上の地位


  • リーダー

  • チャレンジャー

  • ニッチャー

  • フォロワー



CSR(Corporate Social Responsibilty)

企業は、広く社会全体に対しても「社会的責任」果たという考えが広まっている。


  • 法令遵守(コンプライアンス)

  • 環境対策

  • 障害者雇用

  • 貧困撲滅支援


マーケティング


マーケティング・プロセス


  1. 環境分析と市場機会の発見

  2. セグメンテーション(市場細分化)

  3. ターゲティング(標的市場の選定)

  4. ポジショニング

  5. マーケティング・ミックス(4P)

    Prodcut(製品)、 Price(価格)、Place(流通)、Promotion(コミュニケーション)

  6. 施策の実行と評価


顧客タイプ


  1. イノベーター(革新者)

  2. アーリー・アダブター(初期採用者)

  3. フォロワー(初期大衆)

  4. レイト・フォロワー(後期大衆)

  5. ラガード(採用遅滞者)


AIDAモデル


  • 注意(Attention)

  • 興味(Interest)

  • 欲求(Desire)

  • 行動(Action)


レピュテーション(評判)


アカウンティング


アカウンティングの目的


財務会計


  • ステークホルダー向け

  • 経営成績、財務状態、その他感心事


管理会計


  • 経営者向け

  • 予算、原価計算


税務会計


  • 税務当局向け

  • 納税申告書


財務諸表


  • 損益計算書(P/L):利益を段階的に表したもの

  • 貸借対照表(バランスシート):決算期時点で資産内容を明らかにしたもの

  • キャッシュ・フロー計算書:現金の増減を整理したもの


5段階の利益


  1. 売上総利益(売上高 - 売上原価)※別名:粗利益

  2. 営業利益(1 - 販売費および一般管理費)

    営業担当者の人件費や広告費や、販管費を差し引いた利益

  3. 経常利益(2 + 営業外収益 - 営業外費用)

  4. 税金等調整前当期純利益(3 特別利益 - 特別損失)

  5. 当期純利益(4 - 法人税・住民税および事業税 - 少数株主利益)


総合分析力:ROA・ROE


ROA(Return On Assets:総資産利益率)

利益 ÷ 総資産


  • 総資産から利益をどれだけ出しているのかを分析。

  • 企業の総合的な事業活動の利益率を示す


売上高当期純利益率

当期純利益 ÷ 売上高


総資産回転率

売上高 ÷ 総資産

総資産を使ってどれだけ売上を達成したか


ROE(Return On Equity:自己資本利益率)

当期純利益 ÷ 自己資本


  • 投下資本に対する利益率

  • 株主の投資がどの程度リターンを生み出したか


財務レバレッジ

総資産 ÷ 自己資本


別編


組織行動学と人的資材管理


組織行動学(OB)

個人の取り組みで動かす


  1. 個人、集団、組織

  2. 認識、行動


人的資源管理(HRM)

企業の仕組みで動かす


  1. ヒューマンリソースポリシー

  2. 組織構造

  3. ヒューマンリソースシステム(人員配置、報酬、評価、能力開発)

  4. 組織文化