Edited at

Spring Tool Suiteのインストールと日本語化

More than 1 year has passed since last update.


Pleiades適用について

更新せずに2年程ほったらかしててすみません。

検索結果の上のほうに出てきてしまっているようなのですが、

2018年5月現在、setup.exeを叩くだけで簡単に導入できるようになっているみたいです。

https://qiita.com/andna0410/items/e9cc07c9e2e34a542245


はじめに

Spring使って開発演習するからインストールしてねって言われたのでよくわからず適当にインストール。

STSのインストールは簡単ですが、日本語化するのに少し手間取ったので、メモ程度に書き残しておきます。

STS.iniが罠すぎた。


環境


  • Windows7 (64bit)


STSダウンロードとインストール


ダウンロード

ここから最新版をおとす。

https://spring.io/tools


  • 現時点バージョン:3.8.1.RELEASE


インストール

落としてきたzipファイルを解凍する。

→ "sts-bundle"というファイルができる。


起動

草っぽいアイコンのexeを起動

sts-bundle\sts-3.8.1.RELEASE\STS.exe


日本語化


Pleiadesダウンロード

おなじみのところから。

http://mergedoc.osdn.jp/

All in Oneではなくて、プラグイン本体のみ落とす。

「Pleiades プラグイン・ダウンロード」→「安定版」→「pleiades_X.X.X.zip」

解凍ソフトではエラーが発生することがあるので、Windows標準の解凍ソフトで解凍。

ちなみに、関連付けされててできない(怒)って方は、

1. zipファイル右クリック

2. プログラムから開く

3. エクスプローラー

4. ファイルをすべて展開(タブのところにあるやつ)


Pleiadesインストール

"readme_pleiades.txt"を見つつ進める。


  1. 解凍したファイルのplugins、featuresフォルダに入っている

    "jp.sourceforge.mergedoc.pleiades"フォルダをそれぞれ

     \sts-bundle\sts-3.8.1.RELEASE\plugins

     \sts-bundle\sts-3.8.1.RELEASE\features

    にコピーして追加する。


  2. STS.iniの最終行に以下の2行を追加。


     -Xverify:none

-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

-Xverify:noneについては、中ほどに最初から記述されているので消して、改めて下に2行追加します。


こんな感じ

-startup

plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.3.200.v20160318-1642.jar
--launcher.library
plugins/org.eclipse.equinox.launcher.win32.win32.x86_64_1.1.400.v20160518-1444
-product
org.springsource.sts.ide
--launcher.defaultAction
openFile
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.8
-Xms40m
-Dorg.eclipse.swt.browser.IEVersion=10001
-Xmx1200m
-Xverify:none
-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar


Pleiades起動

初回起動は-cleanで起動します。それ以降は普通にSTS.exeから。


  1. 「pleiades_X.X.X.zip」を解凍した中に入っている

    "eclipse.exe -clean.cmd" をSTS.exeと同じディレクトリにおきます。

  2. "eclipse.exe -clean.cmd"を右クリックで編集

  3. eclipse.exeをSTS.exeに書き換えて保存。

  4. "eclipse.exe -clean.cmd"をダブルクリックで実行

めでたしめでたし。