Posted at

Spring Tool Suite インストールと日本語化 for Windows

More than 1 year has passed since last update.

Eclipseベースの、Springでの開発に特化した統合開発環境である

Spring Tool Suite (STS)をインストールする手順です。


Javaの確認

そもそもJavaが入っていないといけないので、Javaがインストールされているか確認。

コマンドプロンプトで

java -version

と打てば、javaがインストールされているか、とjavaのバージョンがわかります。

sts01.PNG

こんな感じで表示されないのであれば、別途javaのインストールから。

バージョン1.8以上なら大丈夫らしいので、今回はこのまま進めます。


ダウンロード

以下リンクにアクセス

Spring Tool Suite

sts02.PNG

Windowsの「Based on Eclipse [バージョン]」をクリックして、自分のOSに対応している方をダウンロード。

ダウンロード先は適当に。


インストール

ダウンロードしたzipファイルを解凍。

解凍すると「sts-bundle」というフォルダができるので、それを任意の場所に配置する。

sts-bundle > sts-3.9.4.RELEASE > STS.exe で立ち上がればとりあえずOK。

※ワークスペースをどこにするか聞かれるが、最初はとりあえずデフォルトのままでよい。

sts03.PNG

初めて起動した時の画面


日本語化


ダウンロード

以下リンクより日本語化用のファイル(Pleiadesプラグイン)をダウンロード

Eclipse 日本語化 | MergeDoc Project

sts04.PNG

ダウンロードするファイルは「Pleiades プラグイン・ダウンロード」から。

※「Pleiades All in One ダウンロード」ではないので注意


解凍

ダウンロードしたzipファイルを解凍する。

※Lhaplusで解凍したところ、エラー祭りだったので以下手順にて解凍。


  1. zipファイル右クリック

  2. プログラムから開く

  3. エクスプローラー

  4. ファイルをすべて展開(タブのところにあるやつ)

解凍すると、フォルダ内に「setup.exe」があるのでダブルクリック。


セットアップ


  • まず以下の画面が表示される。

sts05.PNG


  • 「日本語化するアプリケーション」で先ほどインストールした「STS.exe」を選択

sts06.PNG


  • [日本語化する]を選択

sts07.PNG


  • [終了]をクリック

sts08.PNG


STSを起動して確認


  • 日本語化されていれば完了

sts09.PNG



雑記

以前環境構築した時の日本語化は、

Pleiadesを解凍した後にいくつかのフォルダをSTS配下のどこかに置かないといけないなど

なんかやたら面倒だったのに、今回やったらsetup.exe叩くだけだったので驚いた。