macOS SierraでUS配列のEmacs使いがiTerm2に乗り換えて生きのこった話

More than 1 year has passed since last update.

だいたいこの記事の通りです。助かりましたありがとうございました。

http://qiita.com/naoya@github/items/56a34be85710f4ed5531

導入したツールとその設定

  • Karabiner Elements
    • https://pqrs.org/osx/karabiner/
    • caps lockcontrol を入れ替えるために利用
    • :point_up: だけならOS標準機能でできるが、キーリピートの速度を変更するためにKarabiner Elementsを利用
  • 英かな
  • iTerm2
    • https://www.iterm2.com/
      • Terminal.app から乗り換え
    • Karabiner Elementsでは未実装の機能を補完
      • Command-LOption-L の入れ替え
      • Option-L を メタキーとして使う

実現したかったこと

  • A の横は control じゃないと許せない
  • コマンドキー単品入力で英数キー / かなキーの働きをさせたい
  • ターミナル上でEmacsを使いたい
    • Option キーを Emacs の meta キーとして使いたい
    • Option-LCommand-L を入れ替えたい
    • Command-Tab の時はそのまま動作してほしい

ちょっとだけ補足

  • Karabiner Elements
    • 新しいMacBook Pro (TouchBar搭載のモデル) では、 Preferences -> DevicesNo product name という、おそらくTouchBarを独立したキーボードとして認識している謎デバイスのチェックを外しておく必要がある。入ったままだと Karabiner が入力をフックして、ボリュームや明るさなどのシステムコントロールができなくなる。
  • iTerm2
    • OptionMeta として使うには、 Preferences -> Profiles -> Keys で設定する(ちょっと探しちゃった)
      • Let Option key acts as: -> +ESC
  • keyhac
    • Alfredの起動キーバインド Option-Space を奪ってしまうので利用を見送り
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.