Edited at

統計の学習方法【GW連投企画】


目標

カイ二乗検定やF検定等は一旦後回しにして、t検定の学習に専念しよう

中心極限定理は大切だけど、最初はあまりこだわらないようにしよう

局所的な理解を試みるのではなく

正規分布を経て、t検定を説明できるようになってからの方が理解しやすいです。


漫画で学べる統計学は最初には避けよう

漫画といえど品質が高いの多いのですが、最初にはお勧めできないです。

統計学の教科書の内容をそのまま、漫画化してるのでかなりのボリュームがあり

一度に理解するのが難しく色んな確率分布、検定が出ると前に進みづらく感じる人が

少なくないと思います。

一度統計がどういう事なのか、例えばt検定やp値を人に説明できるようになってから

読みのもとして、こういう説明もありだなって視点で見ると良いと思います。


RとPythonについて

人工知能・ディープラーニングという観点だとPythonの方が良いのですが、

統計から丁寧に学ぶのであればRの方が良いと思われます。

2つ理由があって、Pythonにはp値等の統計量がscipy等のライブラリを追加しないと表示されない事に対して

Rはデフォルトで表示される事。

統計という観点でのプログラム参考書はRが多い事


進め方

上から順がお勧め

【ゼロからおさらい】統計学の基礎

t検定の学習目的だとベストな教材です。途中エクセルを使ったシミュレーションも多くあり

確率分布の違いを体験できます。

統計分野

yputube動画です。恐らくどこかの大学の講義動画だと思うのですが、めちゃくちゃわかりやすいです。

完全独習 統計学入門

有名な本ですね。もちろんオススメなのですが、最初にはオススメしてません。理由は金融のシャープレシオを割と早い段階で取り上げるのですが、これが金融に興味ない人には理解が辛いかなって感じるのです。

Excelで学ぶ統計解析―統計学理論をExcelでシミュレーションすれば、視覚的に理解できる

手元にデータがあって、それを変えたらどうなるかって興味ないですか?

僕は興味シンシンでした。

少し古いのですが、いきなりRじゃなくて慣れたExcelだと弄り倒しやすいと思います。

とある弁当屋の統計技師(データサイエンティスト) ―データ分析のはじめかた

物語形式でお弁当屋さんの売り上げをデータを見直しながら改善していきます。ちょうど良いボリュームです。

新米探偵、データ分析に挑む

上記同様物語形式ですが、より本格的な内容です。アンケート分析とか特に面白かった。

Kindleで買ったので気づかなかったのですがかなり厚い本でした。

みんなのR 第2版

本格的に統計をプログラミングする場合はこの本がオススメ

統計の時間

今僕も挑戦しようと思ってるのですが、統計検定2級対策にはこちらのサイトが評判いいです。