Help us understand the problem. What is going on with this article?

作業環境を前職と比べてみた。

More than 1 year has passed since last update.

こんにちは。streampackチームのtsuchiです。
先月からJoinしました。Splatoonが大好きです。

はじめに

初回の記事ということで、普段の作業環境において、
前職との違いが色々あったので、自分なりにまとめてみたいと思います。

何か参考になる部分があれば幸いです。

目次

0. 私について
1. 作業端末OS
2. 社内メール
3. 社外メッセージ
4. ファイル共有
5. パスワード管理
6. タスク管理
7. 構成図

0. 私について

【前職】某SIerのインフラ担当
【現在】動画配信基盤チームのサポートエンジニア

前職では顧客常駐として、大手SIerで勤務していました。
後述しますが、基本的にMicrosoft Office製品を使うのがベースの作業環境でした。

1. 作業端末OS

スクリーンショット 2018-09-21 1.10.36.png
【前職】Windows
【現在】Mac

現在の会社では、使いたいOSを自由に選べます
自分のチーム内ではみんなMacだったので、Windowsから鞍替えしました。

これまでWindowsしか使ってきていなかったのですが、
Macの使いやすさに惚れ惚れしている今日この頃です。

2. 社内メール

スクリーンショット 2018-09-20 13.42.00.png

【前職】Microsoft Outlook
【現在】slack

利便性向上を実感するトップ1はこれ。本当に快適。
このためだけに転職してよかったと思える程にslackを愛しています。

「お疲れ様です」と打つ頻度が極端に少なくなったし、
「誰々をTOに、関係者をCCに…」とか考えないで済むのは、かなりストレスフリー

3. 社外メッセージ

スクリーンショット 2018-09-21 0.12.05.png

【前職】Microsoft Outlook
【現在】slack, Chatworkなど

前職では、Outlook一択でした。
現職では、代表的なのは上の2つ。あとGmailも使っています。
(利用するツールはお客さん次第なところがあります)

ただ、slackにしてもChatworkにしても、
Franzで一括して管理することができるので、便利です。
スクリーンショット 2018-09-21 0.21.15.png

4. ファイル共有

スクリーンショット 2018-09-21 0.40.21.png

【前職】ファイルサーバ
【現在】box

名前は聞いたことがあったbox、使ってみるととても便利でした。

自分だけが閲覧・編集できるフォルダをbox上に作成するのはもちろん、
限られた人に特定の権限を渡して管理することもできるので、非常に使いやすいです。

また、ファイルの種類や更新日付で検索ができたり、
フォルダごと、ファイルごとの権限設定も可能です。

5. パスワード管理

スクリーンショット 2018-09-21 0.41.21.png

【前職】特になし(自己管理)
【現在】PingID

現職では、業務で使用する諸々のサイトがシングルサインオンで利用でき、
わざわざパスワードを管理してログインする必要がなくなりました。

ただ、個人のスマホを多要素認証(MFA)として利用しているので、
スマホを紛失したり、家に忘れると仕事にならないので注意が必要。

6. タスク管理

スクリーンショット 2018-09-21 0.46.51.png

【前職】Excel
【現在】backlog

案件管理や設定変更、エラー調査をする場合も、
backlogで課題を立てて、そこにまとめていくという文化があります。

各課題は「担当者」「キーワード」で検索が可能のため、あとで参照する際も便利です。
また、インスタンスなどの環境情報もbacklogのWikiで管理しています。

7. 構成図

スクリーンショット 2018-09-21 1.00.21.png

【前職】PowerPoint, Visio
【現在】Cacoo, draw.ioなど

前職ではAWSの構成図を書く機会がありましたが、
ここでもOffice製品を使って書くのが定番でした。

現在の会社では特に決まりはないですが、色んなテンプレートが用意されていたり
他の人が描いた構成図もあって参考にしやすいので、私はCacooをよく使っています。

おわりに

全体として、ストレスなく作業できる環境が整っているなと感じています。

今後も記事を書いていくので、よろしくお願いします。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした