環境

OS/ミドルウェア バージョン
CentOS 7.1
pyenv 1.2.2
python 3.6.4

1. pyenvとは

pyenv とは複数バージョンのpythonを簡単に管理 / 変更することができる仕組みです。
同様の仕組みとして、rubyの複数バージョンの管理が可能なrbenvなどがあります。
本投稿では、pyenvを利用して python環境を構築する手順をまとめていきます。

2. 依存パッケージを yum install

まず、pyenvを利用するために必要となるパッケージを yum install でインストールしていきます。

$ sudo yum install gcc zlib-devel bzip2 bzip2-devel readline readline-devel sqlite sqlite-devel openssl openssl-devel git

3. pyenvのインストール

続いて、ホームディレクトリはいかにpyenvのリポジトリをクローンして、pyenvを利用可能な環境を構築していきます。

  • pyenvリポジトリのクローン
$ git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv
  • bash_profileにpyenvのパスを追加
$ echo 'export PATH="$HOME/.pyenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile
  • pyenvのバージョンを確認
$ pyenv --version
pyenv 1.2.2-6-g694b551

4. python 3.6.4のインストール

最後に、pyenvを用いて、python 3.6.4をインストールしていきます。

  • デフォルトでは python 2.7.5がインストールされているようです。
$ python --version
Python 2.7.5
  • インストール可能な pythonバージョンを確認します。
$ pyenv install --list
Available versions:
  2.1.3
  2.2.3
  2.3.7
  2.4
  2.4.1
  2.4.2
  2.4.3
  2.4.4
  2.4.5
  2.4.6
  2.5
  2.5.1
  2.5.2
  2.5.3
  2.5.4
  2.5.5
  2.5.6
  2.6.6
  2.6.7
  2.6.8
  2.6.9
  2.7-dev
  2.7
  2.7.1
  2.7.2
  2.7.3
  2.7.4
  2.7.5
  2.7.6
  2.7.7
  2.7.8
  2.7.9
  2.7.10
  2.7.11
  2.7.12
  2.7.13
  2.7.14
  3.0.1
  3.1
  3.1.1
  3.1.2
  3.1.3
  3.1.4
  3.1.5
  3.2
  3.2.1
  3.2.2
  3.2.3
  3.2.4
  3.2.5
  3.2.6
  3.3.0
  3.3.1
  3.3.2
  3.3.3
  3.3.4
  3.3.5
  3.3.6
  3.3.7
  3.4.0
  3.4-dev
  3.4.1
  3.4.2
  3.4.3
  3.4.4
  3.4.5
  3.4.6
  3.4.7
  3.4.8
  3.5.0
  3.5-dev
  3.5.1
  3.5.2
  3.5.3
  3.5.4
  3.5.5
  3.5.5rc1
  3.6.0
  3.6-dev
  3.6.1
  3.6.2
  3.6.3
  3.6.4
  .
  .
  .
  • python 3.6.4 のインストール
$ pyenv install 3.6.4
Downloading Python-3.6.4.tar.xz...
-> https://www.python.org/ftp/python/3.6.4/Python-3.6.4.tar.xz
Installing Python-3.6.4...
Installed Python-3.6.4 to /home/vagrant/.pyenv/versions/3.6.4
  • pythonバージョンの切り替え
$ pyenv global 3.6.4
$ pyenv rehash
$ python --version
Python 3.6.4

最後にpythonのバージョンを確認し、バージョン3.6.4に変更されていれば作業完了です。

参考文献

  1. CentOS に pyenv で Python インストールしてみた - enomotodev’s blog, https://enomotodev.hatenablog.com/entry/2016/12/29/142900, Online; accessed 16-March-2018.
  2. rbenvを用いたruby環境構築手順(CentOS7.1) - Qiita, https://qiita.com/ksugawara61/items/e3bb87d5e0dd49d20c8f, Online; accessed 16-March-2018.
  3. pyenv/pyenv: Simple Python version management, https://github.com/pyenv/pyenv, Online; accessed 16-March-2018.
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.