Node.js

[Node.js] Node.js の導入(Linux/Mac編)

[Node.js] Node.js の導入(Windows編) の Linux / Mac 版。
こちらは nodist ではなく、n を使って管理する。

( 2018/02/18 Mac 環境について追記 )

n

n は Node.js のバージョンを管理するツール。 nodist の Linux版みたいな感じ。
これを入れることでバージョン単位で Node.js を導入することができ、状況に応じてバージョンを切り替えることができる。

この記事を実施した環境

  • Linux

    • LinuxMint 18
    • n v.2.1.7
    • node v8.4.0 v9.4.0
    • npm v5.3.0 v5.6.0
  • Mac

    • macOS High Sierra( 10.13.x )
    • n v.2.1.7
    • Node.js v9.4.0
    • npm v5.6.0

最初にやること

nodist と違って、こちらはすでに npm がインストールされていることが前提となる。

Linux

次のコマンドで npm を管理者権限でインストールする。

npmのインストール
$ sudo apt-get install npm

Mac

本家 から最新版 ( 2018/02/18 時点では v9.5.0 ) をダウンロードしてインストールする。

以降、本記事で記載するコマンドは基本的に管理者権限で実行すること。

n の導入

次のコマンドを実行してインストールを行う。

nのインストール
$ sudo npm install -g n

node のバージョン管理

  1. n で使用できるオプションの確認
    次のコマンドを実行して、n が扱えるオプションを確認する。

    nのオプションを確認
    $ n --help
    
      Usage: n [options/env] [COMMAND] [args]
    
      Environments:
        n [COMMAND] [args]            Uses default env (node)
        n io [COMMAND]                Sets env as io
        n project [COMMAND]           Uses custom env-variables to use non-official sources
    
      Commands:
    
        n                              Output versions installed
        n latest                       Install or activate the latest node release
        n -a x86 latest                As above but force 32 bit architecture
        n stable                       Install or activate the latest stable node release
        n lts                          Install or activate the latest LTS node release
        n <version>                    Install node <version>
        n use <version> [args ...]     Execute node <version> with [args ...]
        n bin <version>                Output bin path for <version>
        n rm <version ...>             Remove the given version(s)
        n prune                        Remove all versions except the current version
        n --latest                     Output the latest node version available
        n --stable                     Output the latest stable node version available
        n --lts                        Output the latest LTS node version available
        n ls                           Output the versions of node available
    
      (iojs):
        n io latest                    Install or activate the latest iojs release
        n io -a x86 latest             As above but force 32 bit architecture
        n io <version>                 Install iojs <version>
        n io use <version> [args ...]  Execute iojs <version> with [args ...]
        n io bin <version>             Output bin path for <version>
        n io rm <version ...>          Remove the given version(s)
        n io --latest                  Output the latest iojs version available
        n io ls                        Output the versions of iojs available
    
      Options:
    
        -V, --version   Output current version of n
        -h, --help      Display help information
        -q, --quiet     Disable curl output (if available)
        -d, --download  Download only
        -a, --arch      Override system architecture
    
      Aliases:
    
        which   bin
        use     as
        list    ls
        -       rm
    
  2. 安定版の確認
    とりあえず安定版(stable)を利用したいので、次のコマンドを実行して安定版を確認する。
    この記事を書いた時点では v8.4.0 が安定版だった。
    ( 2018/02/18 の本記事更新時点では、 Mac 環境においては本家のサイトからダウンロードしてきた最新版 pkg とバージョンが前後するが、v9.4.0 が安定版だった )

    安定版を確認
    $ sudo n --stable
    9.4.0
    
  3. 安定版のインストールと切り替え
    次のコマンドを実行して安定版をインストールして切り替える。

    安定版のインストールと切り替え
    $ sudo n stable
    
     install : node-v9.4.0
       mkdir : /usr/local/n/versions/node/9.4.0
       fetch : https://nodejs.org/dist/v9.4.0/node-v9.4.0-darwin-x64.tar.gz
    ######################################################################## 100.0%
       installed : v9.4.0
    
    $ node -v
    v9.4.0
    

終わり

以上で Linux / Mac 環境における Node.js のバージョン管理を行える環境が整った。
プロキシ環境下の設定や npm のアップデートなどは Windows版の記事 と同じ。
ただし環境変数にプロキシを設定する方法は使用しているシェルによって異なるので注意。