search
LoginSignup
287

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

たった6行!最も簡単にiBeaconの電波を「発信」する方法

さあiBeaconのアプリを作ってみよう!
となった時に、一番困るのがiBeaconフォーマットのBluetoothを発信してくれるようなデバイスがパッとないことです。

自分で実装?めんどいな…っていうかiPhone2台も持ってないしなぁ……
aplixやestimoteを買う?金かかるのもなぁ……

というわけで、Macを使った最も簡単にiBeaconの電波を発信する(Advertiseする)方法をまとめたいと思います。

最も簡単に「受信」をしたい場合はこちら!
たった4行!最も簡単にiBeaconの電波を「受信」する方法

環境

  • Bluetooth Low Energy(BLE, Bluetooth4.0)が搭載されたMac製品
    • Macbook Pro, Macbook Pro Retina, Macbook Airなどなど
    • 最近の製品なら大抵OK
  • node.js v0.10.24

準備

Macでnode.jsとnpmを使えるようにする必要があります。
http://nodejs.org/
から"INSTALL"をクリックしpkgファイルをダウンロードし、インストールします。

その後、適当にディレクトリを作成しましょう。
ここでは~/ibeaconを作成します。

mkdir ~/ibeacon

これで準備は完了です!

iBeaconを発信してみる

今回はbleaconを使います。
まず、bleaconをnpm installしましょう。

cd ~/ibeacon
npm install bleacon

その後、適当にjsを書きます。下記をコピペでも構いません。

beacon.js
Bleacon = require('bleacon');

var uuid = 'E86367B8D8A84BE082DE4653A7333113';
var major = 0;
var minor = 0;
var measuredPower = -59;

Bleacon.startAdvertising(uuid, major, minor, measuredPower);

これで準備は完了です。
実際に実行してみましょう。

node ~/ibeacon/beacon.js

これで特にエラーがでなければ飛んでいるはずです。

とても簡単!

追記

blenoを使用していましたが、bleaconに変更しました。
blenoをbleaconに書き換えるだけで動くはずです。

また、メソッド名も変更されてました。
startAdvertisingIbeacon -> startAdvertising
zonoさんありがとうございます!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
287