Help us understand the problem. What is going on with this article?

管理者権限のないサーバでローカルに色々(zshやvim、mecab等)入れる方法

More than 1 year has passed since last update.

管理者権限がない(一般ユーザのアカウントを作ってもらった)サーバで自分が好き勝手にインストールしようとすると、/usr/local/binなどにインストールしようとして権限がないと怒られます。
管理者にお願いして入れてもらうのも方法の一つですが、手間がかかるのと、何か理由があって入れてもらえない場合があります。そこで、自分が欲しいものは自分のホームに入れて、そこにパスを通して見るようにしようということです。
またインストールやアンインストールの方法も書いておきます。

今回zshの例を取り上げましたが、vimやmecabでも基本は一緒で、./configureに渡すオプションはそれぞれ確認すればできます。

基本

ホーム(~/)に以下の2つのディレクトリを作っておく。

  • src/
    • ソースをダウンロードしてくるディレクトリ
  • local/
    • インストール先
    • 上記の~/src/にダウンロードしたディレクトリ内で大体 ./configure --prefix=$HOME/local を叩く

インストール

zshでシステムに入っているのより高いバージョンをインストールする例。
まずデフォルトでどこを見てるか確認。

$ which zsh
/bin/zsh
$ zsh --version
zsh 4.2.6 

欲しいバージョンのソースを取得して解凍。
最新版はここから確認 -> Download Page

$ cd ~/src
$ wget https://sourceforge.net/projects/zsh/files/zsh/5.3.1/zsh-5.3.1.tar.gz/download -O zsh-5.3.1.tar.gz
# ↑ ただwgetするだけだと、download というファイル名になってしまったので-Oオプションで名前を指定してあげた
$ tar zxvf zsh-5.3.1.tar.gz

インストール

$ cd zsh-5.3.1
$ ./configure --prefix=$HOME/local --enable-multibyte
$ make
$ make install

パスを通しておく。
~/.bashrcなどに以下を追記

.bashrc
export PATH=$HOME/local/bin:$PATH

そして反映させて確認してみる

$ source ~/.bashrc
$ which zsh
~/local/bin/zsh
$ zsh --version
zsh 5.3.1

うまくいった

アンインストール

$ cd ~/src/zsh-5.3.1
$ make uninstall
$ cd ../
$ rm -rf ./zsh-5.3.1/

ソースを消してしまった場合のアンインストール

$ cd ~/src
$ wget https://sourceforge.net/projects/zsh/files/zsh/5.3.1/zsh-5.3.1.tar.gz/download -O zsh-5.3.1.tar.gz
$ tar zxvf zsh-5.3.1.tar.gz
$ cd zsh-5.3.1
$ ./configure --prefix=$HOME/local --enable-multibyte
$ make
$ make uninstall

参考文献

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした