Help us understand the problem. What is going on with this article?

究極のIT系最新技術情報収集用Slackチーム公開 - モヒカンSlack -

More than 1 year has passed since last update.

tl;dr

  • コンピュータ系の情報収集用のSlack公開グループ(モヒカンSlack)を作ってみたよ。
  • 皆さんで協力して育てていく共同RSSリーダーみたいなものだよ。
  • このSlackグループの情報を追っていればオッケーなので、情報取集が格段に楽になったよ。
  • 誰でも無料で参加オッケーよ。下のどっちかからメールアドレスを入力して参加できるよ。
  • 参加者数
    • 1,694名 (2016/10/7 時点)
    • 4,077名 (2017/1/25 時点)
    • 7,000名 (2017/8/25 時点)
    • 11,747名 (2018/12/1 時点)
  • チャネルのリストは「Gist」にあるよ。148チャネル(2017/1/25時点)
    • 分野ごとにチャネルが別れていて、追いたい分野のものに参加すると良いよ
      • プログラミング言語系(毎朝GitHub Trendingが流れてくるので毎日見るといいよ)
      • クラウド系
      • Qiitaランキング
      • Slideshareランキング
      • IT勉強会の資料ランキング
  • 気に入ったらいいねしてね<(_ _)>

記事更新メモ

モヒカンを目指すエンジニャーにとって日々の情報収集は重要

日々の情報収集を止めたその瞬間から老害化が始まります。
インプットがないと今までの知識や経験のみで判断することになり、新たな技術でより効率的なやり方を発想できなくなります。その結果、敏感な若者からは老害認定され、殉職。そのまま老後を迎えます。

老害なんて言われたくない!
というわけで、日々の情報収集は必須なわけですが、正直面倒でした。

お前らの情報収集の効率の悪さは異常

お前らというか、今までのボクの話ですけど、

  • 複数のアプリを使うのが面倒
    • TwitterやRSSリーダ、キュレーション系アプリなど複数のアプリを切り替えるのが面倒
    • そのうちどれか決まったアプリしか見なくなる
  • ノイズが多過ぎる
    • 通勤電車でSmartN〇〇sで技術情報見始めてもいつの間にか「サイゾータブ」見てる。煩悩多い。
    • Twitterはノイズ大杉
  • キュレーション系サービスは広くて浅い
    • 概要押さえるだけの分野ならいいけど、深く追いたい分野に関しては浅い情報が多い

という点に怒りを感じてました。

Slackに集めるようにしたら楽になった

  • Slack開けばそこに情報が集まっている状態。
  • ここさえ追っておけば大体オッケーという安心感。
  • PC, SmartPhoneのSlackアプリがあるので会社PCでも電車でもトイレでも、いつでもどこでも。
  • Slackの機能で前回読んだところからすぐに再開できる。
  • スクロールでサクサク読み飛ばせて効率的。
  • 「サイゾータブ」の誘惑がない(サイゾーチャネルはまだ作っていない) hatebu___mohikan_Slack_-_Vimperator.png

で、どんなチャネルがあるの?

最新のチャネルリストは Gist を参照
チャネルによって情報ソースの充実さに差があるのが現状です(私の興味のない分野は手薄)

チャネルを増やしたしたいんだけど?

自由にチャネル作ってもらってオッケーです。
RSS feedなども追加してオッケーです。
また、この情報をこう加工してつぶやたら面白くね?というアイデアもウェルカムです。試しに、#-general で言ってみてください。面白いアイデアなら代わりに実装しまっせ!!

誰でも参加オッケーっす!

  • Slack無料プランでやるので無料(今後も有料プランにはしない)
  • Slackグループ名は、「mohikan」(mohicanはすでにあったw)
  • 誰でも無料で参加オッケーよ。下のどっちかからメールアドレスを入力して参加できるよ。

モヒカンSlack参加後

最新のチャネルリスト Gist を参考にしてお好きなチャネルに参加すればいいと思うよ。
では、モヒカンSlackでお会いしましょー

future
ITを武器とした課題解決型のコンサルティングサービスを提供します
http://future-architect.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした