GitHubとCircleCIを連携させる

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

CircleCIは継続的インテグレーション(Continuous Integration)を行うためのWebサービスです。

指定したGitHubリポジトリをウォッチし、更新があると自動でビルド〜デプロイを行える仕組みを作れます。

とりあえず今回は初めのGitHubとCircleCIを連携させるところを行います。


事前準備

GitHubアカウントの取得

CircleCIを利用するにはGitHubアカウントが必要となります。


連携設定


1.ログイン

Circleciへアクセスし「Sign in」をクリックします。

20160125_circleci01.png


2.GitHubログイン

ログイン画面が表示されるので事前に準備したGitHubアカウントへログインします。

20160125_circleci02.png


3.認証

認証画面が表示されるため、「Authorize application」をクリックします。

20160125_circleci03.png


4.アカウントの選択

CircleCIと連携するGitHubアカウントを指定します。

20160125_circleci04.png


5.リポジトリの選択

アカウントを指定すると、リポジトリがリストされるので連携したいリポジトリの「Build project」をクリックします。

20160125_circleci05.png


6.プランの選択

利用するプランを指定します。

20160125_circleci07.png


7.完了

以上で連携が完了です。

20160125_circleci08.png


最後に

以上、今回はGitHubとCircleCIを連携させる部分だけ行いました。

実際にデプロイまで行うにはcircle.ymlというファイルを使って管理する必要があります。

そこについては、また時間があるときに書ければと思います。