Help us understand the problem. What is going on with this article?

NvidiaドライバとCUDAとcuDNNとTensorflow-gpuとPythonのバージョンの対応

Nvidiaドライバ,CUDA,cuDNN,tensorflow-gpu,Pythonのバージョンの対応はとても重要らしい。
NvidiaドライバはCUDAのバージョンに合わせて,CUDAとcuDNNとPythonはtensorflowのバージョンに合わせる。
合っていないと,ログインループに陥ったり,The system is running in low-graphics modeになったりした。
とにかく最新をダウンロードするのではなく,バージョンの対応を事前に確認する必要があったもよう。

例:確認環境

  • Ubuntu 16.04
  • GeForce RTX 2080 ti

確認①Nvidiaドライバ

自分のGPUに対応するドライバのチェック➡https://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp
image.png
検索を押すと,
image.png
こんな感じで出てくる。
なるほどおー,418なのね!と思っておく。

確認②ドライバとCUDA

ドライバとCUDAの対応を確認➡https://docs.nvidia.com/cuda/cuda-toolkit-release-notes/index.html
image.png
上の表を見ると,ドライバは418で最新が入れられるし,なんでもOKか!と思っておく。
もし自分のGPUに対応するバージョンが384.81なら,CUDAは9.0以下しか入れられない。

確認③CUDAとcuDNNとtensorflow-gpu

CUDAとcuDNNとtensorflow-gpuのバージョンの対応➡https://www.tensorflow.org/install/source#common_installation_problems
(サイト内ではcpu版tensorflowの対応表もあります。)
image.png
ここで,最新のtensorflow-gpuは1.13.0 で対応しているCUDAは10.0なのね,10.1は対応してないのね,と分かる

ということで,Nvidiaのドライバは410.48,CUDAは10.0,cudNNは7.4,tensorflow-gpuは1.13.0です。
tensorflow-gpuをpip installする環境はPythonの2.7か3.3~3.6でないとダメみたいです。

で,インストールにうつる。
インストールの手順はここに書いた➡https://qiita.com/konzo_/items/3e2d1d7480f7ef632603

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした