Help us understand the problem. What is going on with this article?

meta keywordsについての定型文

More than 3 years have passed since last update.

SEOといえば、いまだにmeta keywordsを設定する(したい)人も多いはず。

<meta name="keywords" content="キーワード,キーワード,キーワード">

ただ現在はGoogle(Yahoo!)さんなども、meta keywordsは読んでいない。
クライアントに説明する時に、毎回リソースを探して文章を作るのもめんどうなので、定型文を用意した。


2009年に公式の声明がありましたが、meta keywordsは、現在GoogleとYahoo!の検索エンジンでは読まれていません。
またBingにおいては、keywordsが多く記述しているとスパム判定するようになっており、マイナスの要因にしか使われていません。

原文

参考に2009年に公開されたGoogle公式ブログとBingの記事を記載します。

「Official Google Webmaster Central Blog: Google does not use the keywords meta tag in web ranking」
http://googlewebmastercentral.blogspot.jp/2009/09/google-does-not-use-keywords-meta-tag.html

「Blame The Meta Keyword Tag | Webmaster Blog」
http://blogs.bing.com/webmaster/2014/10/03/blame-the-meta-keyword-tag/

英語がわからない人に伝える時

Googleがサポートしていないメタタグは無視されます。
この記述はGoogle公式のヘルプの注釈に記載されており、Googleがサポートしているタグは下記のとおりです。

「Google がサポートしているメタタグ - Search Console ヘルプ」
https://support.google.com/webmasters/answer/79812?hl=ja

HTMLがわかる人の時

また下記のURLはW3CのHTMLの使用ですが、SEO目的ではあてにならないことが書かれています。

「4.2 文書メタデータ — HTML5 日本語訳」
http://momdo.github.io/html5/document-metadata.html#meta-keywords

ただし念のためにキーワードを入れたいとおっしゃる場合は対応いたしますので、ご検討をよろしくお願いいたします。


補足&提案


(準備: schema.orgについて、書く)


Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした