はじめに

WSL(Ubuntu)でnode.jsの開発をする準備で作ったものを動かす方法を調べていたら、「now」っていうのがよさそうなので、調べてみたメモ。

nowってナニモノ?

nodejsやdocker用のホスティングサービス。コマンドで簡単にデプロイしてWebサービスを動かせる。便利!

【参考】

OSSライセンスだと、3インスタンスまで動かせるらしい。(Web上は月20個、って情報もあるけど20個動かせなかった。)

nowの導入

npmコマンドで導入。

$ npm i -g now

nowを動かす

デプロイする

プロジェクトのディレクトリでコマンドたたくだけ。

$ now

初回はメールアドレスが聞かれる。入力したメールアドレスへ認証メールが届き認証するとデプロイされる。

デプロイ中にURLが表示される。デプロイごとに新しいURLが出来ていく仕組みのよう。

インスタンスを停止する

前述のとおり、OSSライセンスは3インスタンスしか動かせない。
手軽にバンバンコマンドを打っていると、すぐに「動かせるインスタンスがないよ」って怒られる。

そんな時は以下の手順でインスタンスを停止する。

まずは起動中のインスタンスを確認

$ now ls

でもって、消したいインスタンスを指定してコマンド実行

$ now rm <URL>

お手軽ですね!

さいごに

node nodejs Nodejs Node.jsと色々表記があるけど、どれが正しいのかな?

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.