Help us understand the problem. What is going on with this article?

MQTTブローカ Shiftr.io の設定備忘録

概要

MQTTブローカの "Shiftr.io" を使い始めるための備忘録です。
Shiftr.ioについては↓URLを参照してください。
https://shiftr.io/about

手順

1.アカウント作成

Shiftrにアクセスして「Sign up」からアカウントを作成します。
https://shiftr.io/

0_トップページ.PNG

2.namespace作成

siftrはnamespaceと呼ばれるプロジェクト単位でMQTTブローカを管理できるようです。
ログイン後、New Namespaceからnamespaceを作成します。
01_namespace.PNG

3.namespace設定

namespaceの名前と公開設定を行います。テスト用なので、公開設定をProvateにするためチェックを入れています。
Desciptionはnamespaceの説明で、必要に応じて設定します。入力後、Create Namespaceで設定を完了しnamespaceを生成します。
1_namespace作成.PNG

4.token作成

namespaceの生成後、MQTTブローカの状態が表示されます。
次に接続トークンを追加します。
まずはNamespace Settingsを開きます。
11_namespace生成後 - コピー.PNG

Namespace settingを開いたら、Add Tokenを選択します。

namespace setting画面.PNG

Add Token画面が開くと、デフォルトのKeyとSecretが入力されています。
ここはそのままにして、Permissionを選択します。
"full-acess" か "reead -onry"が選択可能です。

Descriptionに接続トークン名を入力します。今回は「send」としています。
入力が終わったら"Create Token"をクリックしてトークンを生成します。
2_token作成キャプチャ.PNG

5.トークンのURL確認

トークン生成後、Namespace Settings画面に遷移します。
トークン名の下部に接続URLが表示されています。
このURLをMQTTのpub/subに設定します。
トークン生成後.PNG

kmaepu
自由気ままにものづくりをする組込みソフトエンジにゃ~。
iotlt
IoT縛りの勉強会です。 毎月イベントを実施しているので是非遊びに来てください! 登壇者を中心にQiitaでも情報発信していきます。 https://iotlt.connpass.com
https://iotlt.connpass.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした