Posted at
AidemyDay 25

[後ほど追記] Dockerで簡易版Aidemyをつくってみよう (その5) ~PythonによるRUNサーバ構築~

※ この記事は書き途中です。今年中に書きあげます!


概要

Aidemy アドベントカレンダー25日目担当の @km42428 です。

ついにアドベントカレンダー最終日ですね!メリークリスマス!

また今まで複数回に渡って進めてきた簡易版Aidemyですが、今回で最後となります。

この5回分を通して行なっていただければ、Dockerによる簡易版アイデミーを順を追って作成することができます!

以下に過去4回分のリンクを掲載します。

Dockerで簡易版Aidemyをつくってみよう (その1) ~全体構成とDockerのセットアップ~

https://qiita.com/km42428/items/4e4653aa0e813282986b

Dockerで簡易版Aidemyをつくってみよう (その2) ~React.jsによるフロントエンド~

https://qiita.com/km42428/items/989dac5e7450501c452d

Dockerで簡易版Aidemyをつくってみよう (その3) ~Expressによるバックエンド~

https://qiita.com/km42428/items/f5f7e8f15546b0673d95

Dockerで簡易版Aidemyをつくってみよう (その4) ~mongodbによるデータベース~

https://qiita.com/km42428/items/83d7ab3eb80f3f871ebb


今回の目標

今回は、提出したPythonコードを実際に実行させて、その結果を返すRUNサーバを作成します。

そして、RUNサーバを含めたフロントエンド・バックエンド・データベースをすべて docker-compose コマンドを用いて一斉起動させます。


RUN API の構成

RUN API は以下のような構成を考えます。

メソッド
パス
内容

GET
/
生存確認 ({}を返すのみ)

POST
/run
リクエストされたエクササイズを実行する

また、POSTするbodyは以下にします。

{

"exerciseId": String,
"script": String
}

※ 続きは後ほど記載します。興味がある方はstockお願いします!