Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Travis-CIでgit cloneしたautoconfを使う

More than 5 years have passed since last update.

背景

Travis-CIに入っているImageMagickがどうも自分が期待していた
APIが使えないビルドであった為、これを自前でビルドしようとしたら、
今度はautoconfが古いと怒られた。

autoconfも自前のモノを入れることにした。

ちなみに、この方法は、古いtravis-ci用のファイルの書き方なので、
新しい書き方で書ける人はそうしたほうが負債にならないと思われる。

autoconfをgitでcloneしてビルドする

GNUのツールなので、./configure一発と思いきや、gitで持ってくると
まず、configureがない。

このconfigureを作るのに大変苦労した。

autoconfコマンドを1回叩いて、エラーをくらい、めげずにもう一度叩くと、configureを生成してくれるが、travis-ciだと、コマンドの終了コードが0以外だと即エラーで中断なので、困った。

  • alocalコマンドで、自前のm4フォルダを指定する
  • automakeコマンドでは-aオプションで必要なファイルを自動作成?

辺りがポイントだった。

- git clone http://git.sv.gnu.org/r/autoconf.git
- cd autoconf
- aclocal -I m4
- automake -a
- autoconf
- ./configure --prefix=/usr
- make
- sudo make install
kjunichi
WebRubyがきっかけで、mrubyで実装されたhttp2サーバーのtrusterdに絡んだ事をやってみたり、ElectronのIssue眺めたり、手元で動かしたり、node.js関連。WASMも少々。投稿する記事の内容は個人の意見であり、所属する企業の見解を代表するものではありません。
https://abrakatabura.hatenablog.com/
japan-systems
「2019年に50周年を迎えたIT企業です。最先端の技術により全国の企業、官公庁、自治体に多くの実績があります。」
https://www.japan-systems.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away