Help us understand the problem. What is going on with this article?

psql のプロンプトでタイムスタンプを表示するには

More than 1 year has passed since last update.

きっかけ

psql でマニュアルでオペレーションした場合は、記録のため Github のイシューやその他のドキュメントにコンソールの結果をそのまま貼り付けることがよくある。が、しかし、いつやったの? という情報は含まれていないため思い出しながら記録することになる。

これが面倒だ。psql のプロンプトにそのままタイムスタンプを表示したい。

方法

.psqlrc にこう書けばいい(1行目に注目

\set PROMPT1 '%[%033[1m%]%M %n@%/ %`date`\n%R%x%#%[%033[0m%] '
\set PROMPT2 '%R%x%# '
\pset border 1
\pset format wrapped
\pset linestyle unicode
\pset null <NULL>
\x auto
\set COMP_KEYWORD_CASE upper

プロンプトの変数において、%`command` という書き方ができるのだ。command はシェルのコマンドだ。
なのでもちろん、date "+%Y/%m/%d-%H:%M:%S" のようにフォーマットすることも可能だ(ぼくはしないけど)

実際の出力はこんな感じ

[~]$ psql
境界線のスタイルは 1 です。
出力フォーマットは wrapped です。
境界線のスタイルは unicode です。
Null 表示は "<NULL>" です。
拡張表示が自動的に使用されます
psql (9.3.9)
"help" でヘルプを表示します.

[local] vagrant@vagrant 2015年 10月 20日 火曜日 14:26:56 JST
=#
[local] vagrant@vagrant 2015年 10月 20日 火曜日 14:26:56 JST
=#
[local] vagrant@vagrant 2015年 10月 20日 火曜日 14:26:57 JST
=#
[local] vagrant@vagrant 2015年 10月 20日 火曜日 14:26:58 JST
=#

参考URL

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away