Help us understand the problem. What is going on with this article?

2015/2月 Windows上への最新Ruby on Rails環境の構築(トラップ解除済み)

More than 5 years have passed since last update.

WindowsでRuby on Rails環境を構築してみました。その際に現在のWindowsでのRails環境の構築には意外と落とし穴があったのでメモしてきます。(以下、仮想マシン上に構築するのも良いですが、やっぱり素のディレクトリにファイルがあるのは便利です。なので、rubyinstallerを使ってインストールすることにします。)

1.Rubyをインストールする (通常運転)

http://rubyinstaller.org/downloads/
より、rubyinstallerを取得し、インストールします。普段通りです。(最新版はrubyinstaller-2.1.5-x64.exe)です。

2.DevKitをインストールする。(通常運転)

同じサイトにあるDevKit(DevKit-mingw64-64-4.7.2-20130224-1432-sfx.exe)をダウンロードします。自己解凍形式のファイルですので、devkitと名づけたディレクトリを作成し、その中へ解凍します。

これをRubyをインストールしたフォルダにコピーし、その場所で以下のコマンドを実行します。これもいつも通りです。

>ruby dk.rb init

>ruby dk.rb install

3.Poodleバグ対応をする(落とし穴1)

Poodleバグは昨年Googleが発表したバグのこと。SSL v3を使えなくなった関係で、gem取得の際に利用する証明書環境が変更されています。

こちらのとおりに証明書を追加します。手順を実行し、新しい証明書を取得して、以下のフォルダにコピーしておきます。

(Rubyをインストールしたフォルダ)\lib\ruby\2.1.0\rubygems\ssl_certs

4.gemコマンドでRailsをインストールする(通常運転)

いつも通りgemができるようになりましたので、Railsをインストールします。

> gem install rails --no-ri --no-rdoc

5.JavaScript実行環境(落とし穴2)

最後のエラーはScaffoldした際に発生します。普段通りscaffoldされたページにアクセスすると、サーバー内でJavaScriptが実行され、その際にExecJS::RuntimeErrorが発生します。こちらに、いろいろ対応が書いてあります。

結局はJavaScriptを動かすエンジンがよくないのでNode.jsいれておくが正解です。

ということで、Node.jsをインストールします。Windows版のバイナリがあるので黙ってインストールします。

6.いつもどおり!!

これでいつも通りのRails環境の出来上がりです。お疲れ様でした。心置きなく

>rails new MyApp

しましょう。

とはいえ、すんなりインストールできるようにして頂戴。。。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away