1. tamls
Changes in body
Source | HTML | Preview
@@ -1,104 +1,104 @@
#Google OAuth 2.0 認証を使ってgoogleでログインを実装してみる。
よくあるGoogleでログインという物を作るためGoogle OAuth 2.0 認証を使ってみる。
##Googleアカウントを作成
Googleアカウントを作成します。個人の物ではなく、サイト専用に作成した方が良いと思います。
##Google Developers Consoleにてサイト情報などの設定
Google Developers Console から、プロジェクトを作成、認証情報や、OAuth 用クライアントID等を取得します。
###Google Developers Consoleにログイン、プロジェクトの作成などを行っていきます。
https://console.developers.google.com/project
左上の「Project」よりプロジェクトを作成を選択します。
プロジェクト名などを入力しプロジェクトを作成します。
作成したプロジェクトを選択し、左メニューの認証情報を押下します。
すると下記のような画面になります。!
![1.jpg](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/56889/15c792c6-2e1e-09fe-2c25-03a554ba1321.jpeg)
###OAuth同意画面の設定
サービス名やURLなど必要事項を記載します。
###認証情報の作成を行います。
認証情報を作成ボタンを押下し、OAuthクライアントIDを選択します。
![3.jpg](https://qiita-image-store.s3.amazonaws.com/0/56889/905daffa-3644-d21d-39d0-01c619296c5a.jpeg)
今回はWEBアプリなのでアプリケーションの種類にはウェブアプリケーションを選択し、名前、制限事項、
認証された後に遷移するURL(callbackURL)などを設定していきます。
作成後、クライアントIDとクライアントシークレットが発行されるのでメモしておきます。
###実装
-```lang:php
+```php
$querys = array(
'client_id' => HogeUtil::getGoogleClientId(),
'redirect_uri' => HogeUtil::getGoogleClientCallBack(),
'scope' => 'https://www.googleapis.com/auth/userinfo.profile',
'response_type' => 'code',
);
return 'https://accounts.google.com/o/oauth2/auth?' . http_build_query($querys);
```
上記でログインボタンのリンクを作成し、コールバック側で
-```lang:php
+```php
private function getGoogleAuthToken($code) {
$baseURL = 'https://accounts.google.com/o/oauth2/token';
$params = array(
'code' => $code,
'client_id' => HogeUtil::getGoogleClientId(),
'client_secret' => HogeUtil::getGoogleClientSecret(),
'redirect_uri' => HogeUtil::getGoogleClientCallBack(),
'grant_type' => 'authorization_code'
);
$headers = array(
'Content-Type: application/x-www-form-urlencoded',
);
$options = array('http' => array(
'method' => 'POST',
'content' => http_build_query($params),
'header' => implode("\r\n", $headers),
));
$response = json_decode(
file_get_contents($baseURL, false, stream_context_create($options)));
if(!$response || isset($response->error)){
return null;
}
return $response->access_token;
}
```
トークンを取得して
-```lang:php
+```php
private function getGoogleUserId($asscessToken) {
if (empty($asscessToken)) {
return null;
}
$userInfo = json_decode(
file_get_contents('https://www.googleapis.com/oauth2/v1/userinfo?'.
'access_token=' . $asscessToken)
);
if (empty($userInfo)) {
return null;
}
return $userInfo->id;
}
```
こんな感じでuseridを取得できます。
useridが取得できたのでこれをうまいこと自システムのテーブルなどに入れてユーザ管理すればいいと思います。
id以外にもメールアドレスとかもとれるのでその辺りはgoogleの管理画面で調整してみてください。