Help us understand the problem. What is going on with this article?

【GitHub】ローカル環境にあるフォルダをリモートリポジトリにアップロードする際に詰まった話

はじめに

2019新卒 エンジニア Advent Calendar 2019 2日目の記事です。

今年入社したkitaです。

GitHubへの登録は大きく分けて「GitHub側でNewボタンを押してリポジトリを作り、それをgit clone パスでローカルに持ってくる」というやり方と「ローカルでGitリポジトリを作り、それをGitHubに新規リポジトリとしてpushする」というやり方が考えられるが、今回は

ローカルでGitリポジトリを作り、それをGitHubに新規リポジトリとしてpushする

でやっていこうと思う。

なぜこれをやるのか

  • Webサイトを公開したかった
  • GitHub Pagesで公開する課題が与えられたので

GitHubのQuick setupに表示されたコマンドライン通りにやってみる

echo "# mytest" >> README.md
git init
git add README.md
git commit -m "first commit"
git remote add origin URL
git push -u origin master

詰まったところ(エラー)

  • コミットできない
  • git remote addって何?
  • originって何?
  • git pushできない

原因と解決

1. コミットできない→git addしていなかった

Git管理しないとコミットできないじゃん。
コミットできない〜と嘆いていたのはこれが原因だった。

2. git remote addの意味を知らなかった

逆にgit remote removeがある。リモートを追加(add)したり、削除(remove)したり出来る。

3. git remote add name URL となっていた部分のnameがoriginだと思わなかった

originは、GitHubがリモートリポジトリにデフォルトで付ける名前である。
リモート、橋の向こう側にいるのはorigin。
僕は複製された存在だ。

4. git push ができなかった

$ git push
fatal: The current branch master has no upstream branch.
To push the current branch and set the remote as upstream, use
    git push --set-upstream origin master

メッセージにあるように、git push --set-upstream origin masterすれば解決

あとgit remote add origin URLとしたときに、別のリポジトリが存在していた。

リポジトリを消す:git remote remove origin リモートリポジトリは消えない。ローカルの情報だけ。

リポジトリのURL変更:git remote set-url origin https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git

振り返り

まだまだGitについての理解が足りていないし、一晩寝たら忘れてしまう。
使い続けるor自分で解決できる能力を育てていく必要がある。

【関連】git config に関する記事はこちら

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした