Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unity であらゆる C#(.NET) パッケージを使う(例:opencv)

はじめに

こんにちわ、のんびりエンジニアのたっつーです。
ブログ記事にもしましたが便利だったのでQiitaにも記載します。

Microsoft がサポートする .NET のパッケージ管理である NuGet はみなさんご存知だと思いますが本パッケージマネージャーを Unity で使う方法があります。

もちろん Unity は Mono で動作していますが、.NET2.0用のライブラリが存在していればほぼそのまま使えます。

NuGetForUnity

.unitypackage をダウンロードします。

https://github.com/GlitchEnzo/NuGetForUnity/releases

image.png

Unityを開いて上記のパッケージをインポート

  • Unityのアセットウィンドウに、~.unitypackageファイルをドラッグアンドドロップで追加します
    image.png

  • すべてインポート
    image.png

  • パッケージのインポートが完了するとメニューに「Nuget」が追加
    image.png

OpenCVSharp3 を追加

  • メニューから「Manage NuGet Package」を選択
    image.png

  • 「OpenCVSharp3」を入力して「Search」で検索
    image.png

  • 検索したら、「Install」を選択
    image.png

  • Assets に Packages フォルダが追加され、OpenCVSharp3が追加された事が確認できる
    image.png

Unity 2018とOpenCvSharpで無料で顔認識までやってみる さんでは、以下の記述があるのでお気を付けください。

x64とx86のライブラリがぶつかるのでAssets/Packages/OpenCvSharp3-~~~~~/NativeDlls/のx86を削除

スクリプトで参照

適当にスクリプトを追加して、「using OpenCvSharp」を using 出来るようになっており、実際の「Mat」変数などが使えるようになっています。

image.png

終わりに

Unity での C# は Mono で動作しているのですべてのパッケージが使えるわけではないですがライブラリのインポートなどに困っている方は一度使ってみてはいかがでしょうか。

Unity であらゆる C#(.NET) パッケージを使う(例:opencv)

よければ ブログ「初心者向けUnity情報サイト」の方にも色々記載しているのでぜひご参照いただければと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした