AWS
CloudWatch
aws-cli
CloudWatch-Logs

awslogs-agent-setup.pyの設定

CloudWatch Log agentを設定するときにオプションについて探すことになったのでメモ

Metricsを使う気がなかったので統合バージョンでない以前のバージョンのCloud watch log agentです。

対話形式でも設定できます。ただし、対話形式だとたくさん設定するときは面倒です。


コマンド

インストールプログラムをダウンロードします。

curl https://s3.amazonaws.com/aws-cloudwatch/downloads/latest/awslogs-agent-setup.py -O

後述するCloudWatch Log用の設定ファイルをあらかじめどこかに作っておきます。

/home/hoge/hogehoge.conf

sudo python ./awslogs-agent-setup.py -n -r ap-northeast-1 -c /home/hogehoge.conf

これでOK。


オプションとインストールについて

参考リンク

オプション
省略形
説明

--only-generate-config
-o
configファイルを作成するだけで設定はしない。

--non-interactive
-n
対話形式を使わずconfigファイルを読み込んで設定。

--region
-r
AWSのリージョンの指定。

--configfile
-c
configファイルのローカルまたはS3またはURLのパスの指定。

--plugin-url
-u
CloudWatchLogsプラグインのURLの指定。

--python
-p
Pythonのバージョンの指定。無指定は/usr/bin/pythonにあるバージョンを使用。

--http-proxy
なし
CloudWatch Logsとの通信に用いるhttpプロキシの設定。

--https-proxy
なし
CloudWatch Logsとの通信に用いるhttpsプロキシの設定。

--no-proxy
なし
カンマで区切ったプロキシを使用するべきではないドメイン拡張子のリスト。


Configファイルの作り方

例は以下の通り。


/home/hoge/hogehoge.conf

[general]

state_file = /var/awslogs/state/agent-state

[/var/log/access.log]
datetime_format = %Y-%m-%d %H:%M:%S
file = /var/log/access.log
buffer_duration = 5000
log_stream_name = access.log
initial_position = start_of_file
log_group_name = {instance_id}

[/var/log/error.log]
datetime_format = %Y-%m-%d %H:%M:%S
file = /var/log/error.log
buffer_duration = 5000
log_stream_name = error.log
initial_position = start_of_file
log_group_name = {instance_id}


参考リンク

https://qiita.com/szk3/items/5e9d09635139d08eadc6