Help us understand the problem. What is going on with this article?

【2019年版】iOSアプリをApp Storeに公開するための全手順まとめ

何かと複雑でわかりにくい iOSアプリ公開の手順。
2019年現在のiOSアプリ公開手順をまとめました。

(役に立ったら、「いいね!」でもしてくれるとやる気出て嬉しいです)

全体の流れ

  1. Certificate作成の下準備
  2. Certificate作成
  3. App ID作成
  4. Provisioning Profile作成
  5. アプリをAppStoreConnectに登録
  6. App情報の編集
  7. バージョン情報の編集
  8. アーカイブ作成&アップロード
  9. アプリをApp Store Connectで審査提出

1. Certificate作成の下準備

1-1. Mac PCで「キーチェーンアクセス」アプリを起動
1-2. 「キーチェーンアクセス」>「証明書アシスタント」>「認証局に証明書を要求」をクリック
1-3. 「ユーザのメールアドレス」に自分のメアドを入力
1-4. 「要求の処理」を「ディスクに保存」に設定
1-5. 「CAのメールアドレス」は空欄のまま
1-6. 「続ける」をクリックし、CertificateSigningRequest.certSigningRequestを適当な場所に保存
1-7. 終わり

2. Certificate作成

2-1. Apple Developerサイトへアクセス
2-2. 「Certificates, Identifiers & Profiles」をクリック
2-3. 左メニューの「Certificates」-「All」をクリック
2-4. 「+」ボタンを押して新規作成
2-5. 「App Store and Ad Hoc」を選択してContinueをクリック
2-6. 「Upload CSR file」で先ほど作成したCertificateSigningRequest.certSigningRequestをアップロードし、「Continue」する
2-7. 「Download」をして .cerファイルを保存。
2-8. 終わり

3. App ID作成

3-1. Apple Developerサイトへアクセス
3-2. 「Certificates, Identifiers & Profiles」をクリック
3-3. 左メニューの「App IDs」をクリック
3-4. 「Name」にアプリ名を、「BundleID」にBundleIDを設定する。
  BundleIDはXCodeでアプリ作成する際に設定したもの。
3-5. 「Continue」>「Register」
3-6. 終わり

4. Provisioning Profile作成

4-1. Apple Developerサイトへアクセス
4-2. 「Certificates, Identifiers & Profiles」をクリック
4-3. 左メニューの「Provisioning Profiles」-「All」をクリック
4-4. 「+」ボタンを押して新規作成
4-5. アプリのApp IDを選択
4-6. 「Select certificates」で、先ほど登録したCertificateを選択
4-7. 「Profile Name」にわかりやすい名前をつけてContinue
4-8. 「Download」をクリックしてダウンロード。「Done」。
4-9. ダウンロードしたProvisioning Profileをクリックして、XCodeに登録。
4-10. 終わり

5. アプリをAppStoreConnectに登録

5-1. Apple Developerサイトへアクセス
5-2. 「App Store Connect」->「Go to App Store Connect」をクリック
5-3. 「マイApp」をクリック
5-4. 左上にある「+」->「新規App」をクリック
5-5. 画面の通り、進める。「SKU」は任意の文字列を入れてください。自分で認識しやすいわかりやすいものでいいです。
   「SKU」は後から変更できません。

6. App情報の編集

6-1. 「マイApp」より、「App情報」をクリック。
6-2. 名前、サブタイトル、プライバシーポリシーURL、カテゴリを設定して、「保存」。
 サブタイトル、プライバシーポリシーURLは任意ですが、サブタイトルは入れておいた方が検索的に有利になります。

7. バージョン情報の編集

7-1. 「マイApp」より、「1.0提出準備中」をクリック。
7-2. 各項目を入力(添付画像参照)
スクリーンショット 2019-02-05 20.11.21.png
スクリーンショット 2019-02-05 20.19.33.png
スクリーンショット 2019-02-05 20.21.01.png
スクリーンショット 2019-02-05 20.23.41.png

8. アーカイブ作成&アップロード

8-1. xcodeprojファイルまたは、xcworkspaceファイルをダブルクリックしてXCodeを開く。
8-2. 「Product」->「Archive」をクリックして、Archiving…というのが画面上部で出たら実行が終わるまで待つ。
  PCスペックにもよりますが、10分程度かかります。
8-3. Archiveが終了すると、Archiveしたファイルが表示されている画面が表示されます。
  今作ったアプリを選択した状態で、画面右の「Distribute App」をクリック。
8-4. 「iOS App Store」を選択し「Next」。
8-5. 「Upload」で「Next」。グルグル画面が出てくるのでしばらく待つ。
8-6. 以下の画面になるので、全部チェックついた状態で「Next」。
スクリーンショット 2019-02-05 20.33.42.png

8-7. 「Select certificate and iOS App Store profiles」という画面が出てくる。
  「Distribution certificate」に手順2で作ったCertificateファイルが表示されていることを確認。
  その下の項目の「Select Profile」で手順4で作ったProvisioning Profileを選択。
  選択肢になければ、「Import Profile」より取り込む。
  以上設定して、「Next」。またしばらく待つ。
8-8. 確認画面が出てくるので、「Upload」をクリックし、さらにしばらく待って特にエラー出ずに終わったら完了。

9. アプリをApp Store Connectで審査提出

9-1. 手順8でアップロードが完了してから、1時間程度時間をおく。
9-2. 手順5と同様にApp Store Connectを開き、アプリを選択する。
9-3. 左メニューの「1.0提出準備中」を選択。
9-4. 「ビルド」という項目があるので、そこの「+」マークから先ほどアップロードしたアプリを選択。
  それが表示されない場合は、時間を置いてから試してみる。
9-5. 右上の「審査へ提出」をクリックし、審査に必要な情報があれば(ログインが必要ならその情報など)記入し、審査提出する。
9-6. 審査待ち。2−3日かかります。

審査が通ったら公開です!
おめでとうございます(^^

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした