Posted at

RomoSDKをSwiftで使う。【導入編】

More than 3 years have passed since last update.


この記事について

RomoSDKをSwiftで使う。【必ずハマるエラーとその解決法】も合わせてお読みください。

http://qiita.com/ken0nek/items/36ed1c9fa8d410bb3145

ソースコードはこちら。

https://github.com/ken0nek/RomoSwift


まずRomoとは

Romoを作っているRomotive社のホームページにはこう書いてあります。

Romo(ロモ)はiPhoneなどで動く「体感型のエデュケーショナルロボット」で、誰でも動かすことが可能です。iPhoneアプリが頭脳の役割になり、様々な感情や動きを表現することができます。楽しみながら子どもの論理的思考や創造力、思考力を育むことができ、遊びや学びの幅がさらにひろがる可能性を秘めています。


RomoSDKの導入方法1

まずはここからRomoSDKをダウンロード

http://www.romotive.com/developers/

ダウンロードし終わったら、解凍しましょう。


RomoSDKの導入方法2

公式ホームページのQuickStartの"Setting up a project"[各種frameworkの追加・Info.plistの編集]までを終わらせてください。

http://www.romotive.com/developers-quickstart/

Objective-Cで書かれているRomoSDKをimportするためにBridging-Headerを作ります。

【写真付きで簡単!】Xcode6でBridging-Headerを作る方法を参考にして、Bridging-Headerを作ってください。


RomoSDKをimportする

先ほど作ったBridging-Headerに

#import <RMCharacter/RMCharacter.h>

#import <RMCore/RMCore.h>

と書き加えます。


RomoSDKの導入完了!

これでプロジェクト内でRomoSDKを使えるようになりました。

RMCharacterだけを使う際は問題なくコンパイルできるのですが、RMCoreを使うときは現時点でコンパイルエラーが出ます。

エラーの解決法は、RomoSDKをSwiftで使う。【必ずハマるエラーとその解決法】を参考にしてください。


第2回Romoハッカソンで"池澤あやか賞"をいただきました

食事中に笑顔になると、Romoが位置・大きさを調節して、自動的に写真を撮ってくれるアプリを作りました。

合わせてこちらもお読みください。

ハッカソン報告記事

http://www.romotive.jp/event/20141106/index.html

Swiftで笑顔認識をやってみた

http://qiita.com/ken0nek/items/4504a13bf58eb78c2538