Help us understand the problem. What is going on with this article?

codeceptionをcakephp3で扱ってみるチュートリアル

More than 1 year has passed since last update.

cakephp3アドベントカレンダー15日めはcodeceptionを使ったテスト事始めです!
年末になると何もないのに楽しみでそわそわしますね!

14日目は@opparaさんの記事になります。
CakePHP Migrations の limit オプションについて

codeceptionとは

phpによるテストフレームワークです。
ユニットテスト、ファンクショナルテスト、受け入れテストとの全てに対応し、直感的な書き方ができます。ドキュメントも充実しているので、一度お試ししてみてください。
http://codeception.com/

試した環境

  • vagrant
  • centos7
  • php7.1
  • google chrome
  • chrome driver

注意
phantomjsを使うこともできますが、動かない関数があるのでおすすめしません。

google chrome + chromedriver導入

以下のURLを参考に、ご自身の環境にchromeとchromedriverを導入して下さい。

アプリケーション作成

テストするアプリケーションがないと始まらないので、一から作っていきましょう。
composer create-project --prefer-dist cakephp/app codeception

DB設定

config/app.phpを自身のDB設定に合わせて設定します。

'username' => 'app_test',
'password' => 'app_test_P@ssw0rd',
'database' => 'app_test',

モデル、テンプレート作成

Pagesというモデルを適当に作成します。

bin/cake bake migration CreatePages title:string content:text
bin/cake migrations migrate
bin/cake bake all pages
chmod 777 tmp/
chmod -R 666 tmp/*

config/routes.phpを以下のように修正

$routes->connect('/', ['controller' => 'Pages', 'action' => 'index', 'home']);
$routes->resources('Pages');

ここまでで基本的なアプリケーションの雛形が完成しました

codeception導入

いよいよcodeceptionを導入し、テストを書いていきます。

composer require "codeception/codeception" --dev

初期に作られたtestsフォルダは必要ないので、一旦削除してください

  • codeceptionの初期ファイル生成を行います。 vendor/bin/codecept bootstrap これで、testsフォルダと必要なファイルが生成されます。

ここで、以下を実行すると、次のような画面になります。
vendor/bin/codecept run functional

Screen Shot 2017-12-14 at 21.28.51.png

設定ファイルへの記述

chrome driverを使ってフォームの入力等を行いたいので、初期設定を記述します。
codeception.yml

paths:
    tests: tests
    output: tests/_output
    data: tests/_data
    support: tests/_support
    envs: tests/_envs
actor_suffix: Tester

extensions:
    enabled:
      - Codeception\Extension\RunFailed
modules:
  config:
    Db:
      dsn: 'mysql:host=localhost;dbname=your database name'
      user: 'your database name'
      password: 'your database pass'

tests/functional.suite.yml

actor: FunctionalTester
extensions:
    enabled:
        - Codeception\Extension\Recorder:
            delete_successful: false
        - Codeception\Extension\RunProcess:
            0: bin/chromedriver --url-base=wd/hub
            sleep: 3


modules:
    enabled:
        # add a framework module here
        - \Helper\Functional
        - Db
        # - DataFactory:
        #     depends: Doctrine2
        # - \Helper\Factories

        - WebDriver:
            url: 'http://localhost'
            browser: chrome
            port: 9515
            window_size: 1024x768
            capabilities:
              chromeOptions:
                args: ["--headless", "--disable-gpu", "--disable-extensions"]
                binary: "/usr/bin/google-chrome"

基本テスト作成

ではテストを書いていきましょう!
まず、テストの雛形を生成します

  • vendor/bin/codecept g:cest functional PagesCest
  • 以下のように編集します

tests/functional/PagesCest.php

<?php


class PagesCest
{
    public function _before(FunctionalTester $I)
    {
    }

    public function _after(FunctionalTester $I)
    {
    }

    // tests
    public function addPage(FunctionalTester $I)
    {
        $I->amOnPage('/pages/add');
        $I->fillField('title', 'アドベントカレンダー初参加です');
        $I->fillField('content', 'お手柔らかによろしくお願いします!');
        $I->click('Submit');
        $I->see('アドベントカレンダー初参加です');
    }
}

テストを実行した後に記事が作成されていることがわかります。
Screen Shot 2017-12-14 at 22.13.13.png

削除メソッドへの対応

今度は作成した項目を削除してみましょう。
先程のファイルに以下のメソッドを追加します

    public function deletePage(FunctionalTester $I)
    {
        $I->amOnPage('/pages');
        $I->acceptPopup($I->click('Delete'));
        $I->see('The page has been deleted.');
    }

acceptPopup関数でポップアップの際にOKボタンを押しています。

データベースの中身を直接チェック

次はデータベースの中身を直接チェックしましょう。

    public function seeRecord(FunctionalTester $I)
    {
        $I->seeInDatabase('pages', ['title' => 'アドベントカレンダー初参加です']);
    }

タイトルが"アドベントカレンダー初参加です"になっているレコードが存在すればテストが通ります。

ログインの必要なテスト

その他にも、codeceptionではログイン情報を保持しながらテストをしていくことが可能です。以下のように書くことで、セッションを維持しながらテストを行うことができます。
作った関数を各テストファイルの_afterの中に書いて使います。

tests/_support/FunctionalTester.php

    public function login($username, $password)
    {
        $I = $this;
        // セッションがあったらログイン処理をスキップする
        if ($I->loadSessionSnapshot('login')) {
            return;
        }
        $I->amOnPage('/users/login');
        $I->fillField('username', $username);
        $I->fillField('password', $password);
        $I->click('ログイン');
        // ログイン状態を保持する
        $I->saveSessionSnapshot('login');
    }
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした