Posted at

Windows10+Neovim+vim-plug環境構築


Windows10 + Neovim + vim-plug環境構築


概要

Windows10でNeovim+vim-plugの環境構築をするための手順のまとめです。


Neovimインストール

Windows版のNeovimはpre-builtなバイナリを使います。

公式のインストールガイドに従い、このあたりからダウンロードしましょう。

※Chocolateyでインストールもできるようです。


vim-plugをインストール

インストール手順に従い、PowerShellで以下を実行。

md ~\AppData\Local\nvim\autoload

$uri = 'https://raw.githubusercontent.com/junegunn/vim-plug/master/plug.vim'
(New-Object Net.WebClient).DownloadFile(
$uri,
$ExecutionContext.SessionState.Path.GetUnresolvedProviderPathFromPSPath(
"~\AppData\Local\nvim\autoload\plug.vim"
)
)


設定ファイルを作成

NeovimのWindows版では設定ファイルは%USERPROFILE%\AppData\Local\nvim\に置きます。

先にディレクトリを作っておきます。

mkdir %USERPROFILE%\AppData\Local\nvim

Neovimで

:e ~/AppData/Local/nvim/init.vim

設定ファイルを作成して、以下のように設定。

call plug#begin('~/.vim/plugged')

" 入れたいプラグインを書いていく
Plug 'iamcco/markdown-preview.nvim', { 'do': { -> mkdp#util#install() } }

call plug#end()

保存してNeovimを再起動、以下のコマンドを実行してプラグインをインストールする。

:PlugInstall


その他の設定など

その他の設定方法などはこちらの記事がわかりやすいです。