PHP
laravel

Laravelのhelper関数を自作する

Laravelのhelper関数

Laravelにはグローバルで使えるヘルパー関数が幾つかあります。
asset、old、url、view辺りはよく使ってます。
特にview回りはコンテナからクラスを取ってくるのが非常に面倒なので、グローバルのヘルパー関数を使うと楽だと思います。
これらの関数はlaravel/framework/src/Illuminate/Foundation/helpers.phpのファイルにあり、laravel/framework/composer.jsonの設定によって読み込まれています。

helper関数の自作

helpersファイルを作る

自作のhelpersファイルを作っていきます。

helpers.php
<?php

if (!function_exists('custom_function')) {
    /**
     * 自作関数
     */
    function custom_function($hoge)
    {
        //
    }
}

helper関数を読み込む

composer.jsonのautoloadにfilesというkeyの配列を追加し、ファイル名を入れます。
filesの説明はこちら https://getcomposer.org/doc/04-schema.md#files

composer.json
---  ---
    "autoload": {
        "classmap": [
            "database/seeds",
            "database/factories"
        ],
        "psr-4": {
            "App\\": "app/",
            "Domain\\": "domain/",
            "Infra\\": "infra/",
            "Model\\": "model/"
        },
        "files": [
            "helpers.php"
        ]
    },
---  ---