PHP
laravel
CircleCI

CircleCI2.0でMySQLを使ったLaravelのテストを実行する

概要

https://qiita.com/kazuhei/items/7cfb5dde9ea4ae245b97 の CircleCI2.0バージョン対応です。

CircleCI2.0上でMySQLに繋いだLaravelのテストを実行します。

CircleCI上でマイグレートとシーディングを行い、
テストデータが入った状態でテストを実行できるようにします。

やることは

  1. Laravel側にCircleCI用のデータベース設定を追加
  2. circle.ymlにテスト用の設定を追加

の2つです。

Laravel側にCircleCI用のデータベース設定を追加

CircleCI2.0はDockerを使うのを前提に作られています。
今回はCircleCIが配布しているDockerイメージを使っていきます。

https://hub.docker.com/r/circleci/mysql/

Dockerイメージの設定値は以下です。

設定項目
host 127.0.0.1
database circle_test
username root
password 空文字

設定は以下のようになります。

config/database.php
    'connections' => [
        'circle_test' => [
            'driver' => 'mysql',
            'host' => '127.0.0.1',
            'port' => '3306',
            'database' => 'circle_test',
            'username' => 'root',
            'password' => '',
            'charset' => 'utf8mb4',
            'collation' => 'utf8mb4_unicode_ci',
            'prefix' => '',
            'strict' => true,
            'engine' => null,
        ]
    ]

.circleci/config.ymlにテスト用の設定を追加

CircleCI1系では設定ファイルはcircle.ymlだったのですが、.circleci/config.ymlに変わっています。

CircleCIにプロジェクトを作る時におすすめの設定が提示されるのですが、そこから幾つか変更し、最終的には以下のようになりました。

.circleci/config.yml
# PHP CircleCI 2.0 configuration file
#
# Check https://circleci.com/docs/2.0/language-php/ for more details
#
version: 2
jobs:
  build:
    docker:
      # specify the version you desire here
      - image: circleci/php:7.2.1-apache-node-browsers
      - image: circleci/mysql:5.7

      # Specify service dependencies here if necessary
      # CircleCI maintains a library of pre-built images
      # documented at https://circleci.com/docs/2.0/circleci-images/
      # - image: circleci/mysql:9.4

    environment:
      - APP_DEBUG: true
      - APP_ENV: testing
      - APP_KEY: APP_KEYを入れてください
      - DB_CONNECTION: circle_test
      - MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD: true

    working_directory: ~/repo

    steps:
      - checkout

      # Install PHP Extension
      - run: sudo docker-php-ext-install pdo_mysql

      # Download and cache dependencies
      - restore_cache:
          keys:
          - v1-dependencies-{{ checksum "composer.json" }}
          # fallback to using the latest cache if no exact match is found
          - v1-dependencies-

      - run: composer install -n --prefer-dist

      - save_cache:
          paths:
            - ./vendor
          key: v1-dependencies-{{ checksum "composer.json" }}

      # run seeding
      - run: php artisan migrate
      - run: php artisan db:seed

      # run tests!
      - run: php ./vendor/bin/phpunit

以下で変更点を説明してきます。

dockerイメージを指定する

docker:
  # specify the version you desire here
  - image: circleci/php:7.2.1-apache-node-browsers
  - image: circleci/mysql:5.7

PHPのバージョンを上げたかったので、phpのdockerイメージを変更しました。また、mysqlを使いたかったので、mysqlのdockerイメージも追加で指定しました。

環境変数の指定

environment:
  - APP_DEBUG: true
  - APP_ENV: testing
  - APP_KEY: APP_KEYを入れてください
  - DB_CONNECTION: circle_test
  - MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD: true

MYSQL_ALLOW_EMPTY_PASSWORD: true を指定しろとhttps://hub.docker.com/r/circleci/mysql/ で言われているので指定しています。

pdo_mysqlのインストール

# Install PHP Extension
  - run: sudo docker-php-ext-install pdo_mysql

dbを使ったテストのためにpdo_mysqlを入れています。

マイグレーションとシーディング

# run seeding
    - run: php artisan migrate
    - run: php artisan db:seed

おまけ

# Download and cache dependencies
- restore_cache:
    keys:
        - v1-dependencies-{{ checksum "composer.json" }}
        # fallback to using the latest cache if no exact match is found
        - v1-dependencies-

- run: composer install -n --prefer-dist

- save_cache:
    paths:
        - ./vendor
    key: v1-dependencies-{{ checksum "composer.json" }}

ここの部分はおすすめ設定のままなのですが、以前にcomposerでインストールしたデータを保存しておいて再利用するようになっています。便利