node-red

Node-RED 0.20の新機能 その4

3/12(日本時間だと3/13)にNode-REDの0.20がリリースされました。

せっかくなのでNode-REDのブログに投稿されているVersion 0.20 releasedの内容を試してみようと思います。

その1の記事はこちら

その2の記事はこちら

その3の記事はこちら


Subflow Instance properties

前回、サブフローテンプレートでの環境変数の設定を試してみましたが、今回はサブフローインスタンスでの環境変数の設定を試してみます。

サブフローインスタンスとは普通のフロー内に置かれたサブフローのことです。

subflow-instance1.png

上図は前回作ったサブフローを使ったフローですが、この真ん中のサブフローがサブフローインスタンスです。

このサブフローインスタンスをダブルクリックするとサブフローインスタンスの編集ダイアログが表示されます。

subflow-instance2.png

そしてサブフローインスタンの編集ダイアログを見ると、サブフローテンプレートで設定した ENV1 という環境変数がすでに設定されていることがわかります。

ここで「追加」ボタンをクリックすることでサブフローテンプレートでは設定されていない環境変数を追加することができます。

subflow-instance3.png

また、この画面をよく見るとサブフローインスタンスで追加した環境変数( ENV2 )は変数名も値も変更できるのに対して、サブフローテンプレートで設定した環境変数( ENV1 )は値のみ編集できることがわかります。さらに、 ENV2の方は「×」ボタンが右端にあり削除可能なのに対し、 ENV1 の方は削除不可なのもわかります。

要はサブフローテンプレートで設定した環境変数自体を変更することはできないということです。

ただ、サブフローテンプレートで設定した環境変数もそのは変更できます。

subflow-instance4.png

これは、サブフローテンプレートで設定した環境変数の値をサブフローインスタンス毎に変更できるということで、何かに使えそうな機能に思えます。

そしてサブフローテンプレートの環境変数の値を変更した場合、右端に「デフォルトに戻す」ボタンが表示されます。

このボタンをクリックするといつでもサブフローテンプレートで設定された値に戻すことができます。

以上、サブフローインスタンスでの環境変数の設定でした。