Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS FargateとEC2 c5.large系のコスト比較

More than 1 year has passed since last update.

Node.js を使う想定で、Docker コンテナを実行するインスタンスを AWS が管理してくれる Fargate と、従来の EC2 のコストを比較してみたところ、案外 Fargate も安かった。t2/t3 系以外のオンデマンドインスタンスを並べる用途なら、Fargate を選択してもコスト観点の問題はなさそう。(2019年6月)

<シミュレーション条件>

  • node.js の 1プロセスあたり 1vCPU・メモリ 2GB を使う。
  • 間欠実行するバッチ処理ではなくて、24時間稼働し続ける。
  • 多数の node.js プロセスを並列実行して、負荷分散する構成。

fargate.jpg

<価格表>

Fargate の価格表↓

料金
per vCPU per hour 0.05056USD
per GB per hour 0.00553USD

5セントとか0.5セントと言われても、さすがに比較しづらいので、『c5系・t2系を1台、24時間稼働させた場合』の月額と、Fargate の月額を比較してみます。通信費などは除きます。

vCPU メモリ c5系 c5系 t2系 t2系 Fargate
1 2GB なし - t2.small $22 $44
2 4GB c5.large $77 t2.medium $44 $89
4 8GB c5.xlarge $154 なし - $177
8 16GB c5.2xlarge $308 なし - $355
16 32GB c5.4xlarge $616 なし - $710

※ 2019年6月現在。東京リージョン。

<価格差まとめ>

  • Fargate は、t2 系の +100% 増し。
  • Fargate は、c5 系の +15% 増し。

<用途別お買い得パターン>

(1)t2/t3 系で済む用途の場合:

  • Fargate を使うよりも、t2/t3 系を使ったほうが、だいぶ安い。(半額)

(2)非 t 系が必要で、リザーブドインスタンス・スポットインスタンスが使える場合:

  • Fargate を並べるより、c5 を並べた方が、だいぶ安い。

(3)非 t 系のオンデマンドインスタンスが必要で、プロセス数が8本未満の場合:

  • Fargate でも c5 系でも、大差ない。

(4)非 t 系のオンデマンドインスタンスが必要で、プロセス数が9本以上の場合:

  • 台数を抑えたまま『L→XL→2XL→4XL』とスケールアップさせる方針は、無駄できるのでイマイチ。
  • c5.large の台数を2台→4台→8台→とスケールアウトさせる方針は、Fargate より 5〜15%程度安い。

<参考ページ>


[追記]
https://qiita.com/nabeken/items/69b47e2d346a61d34176#考察 によると、vCPUが1でも実CPUが2つ見えるとのこと。シングルスレッドの node.js 生だと 2 CPU を使えないので、片方がガラ空きでも他方を使い切ってくれるのかは、不詳。

kawanet
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away