Help us understand the problem. What is going on with this article?

Git commit 時のメールアドレスをディレクトリによって使い分ける

More than 1 year has passed since last update.

複数の組織に属していてレポジトリによって git commit 時のメールアドレスを使い分けたい場合がある。

これまでは ~/.gitconfig で設定したデフォルトではないメールアドレスを使いたいレポジトリごとに git config user.email=project-specific@example.com のようにメールアドレスを設定していた。
レポジトリごとに設定しないといけないので結構面倒だ。

特定のメールアドレスを使うレポジトリは決まったディレクトリ以下に置くことが多いので、親ディレクトリレベルでメールアドレスを設定できたらいいな、と思っていた。
これ絶対やり方あるよな、と思いたって検索したら出てきたのでメモ。

Conditional include を使うと、特定条件を満たす場合のみ別の config を include することができる。
条件として .git ディレクトリの場所を指定できる。例えば gitdir:/foo/bar/ の場合は /foo/bar/ 以下に .git ディレクトリがあれば include される。

というわけで仕事用のメールアドレスを設定したかったので、次のようにした。

[includeIf "gitdir:~/gitWorkspace/for/work/"]
        path = ~/.gitconfig.work

のように ~/.gitconfig に書いておき、 ~/.gitconfig.work

[user]
        email = work@example.com

のように書いた。

git config の内容は最後に出てきたものが優先されるので、 includeIf をデフォルトのメール設定より下に書くことにより、仕事用のディレクトリにチェックアウトしたものだけ仕事用のメールアドレスになる。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした