ifttt
ライフハック
音声認識
GoogleHome

Google Home に話しかけるだけで、日記を書く仕組みを作ってみた

Google Home に話しかけたことを、Google Spreadsheet に日付とともに記録してくれる、日記システムを作ってみました。

「いま起きたよ」「作業がここまで終わったよ」「お出かけしてきたよ」「〜〜を買ってきたよ」「そろそろおやすみ」といった日常のログを、スマホを手に取ってアプリ立ち上げて入力するよりも、ずっと簡単に記録できるようになりました。

参考にした記事

やってることはこの記事の前半とほとんど同じです。が、一応、やり方を書きます。

必要なもの

  • Google Home ※Mini でもOK
  • IFTTT
  • Google Spreadsheet & Google App Script

Google Spreadsheet を準備

任意の場所に空のスプレッドシートを用意し、日付、時刻、日記の3列を作ります。

spreadsheet 2.jpg

日付と時刻は、なぜかIFTTTからうまく登録できないため、行が追加される度にその日時を追加するスクリプトをGoogleAppScriptで用意しました。やり方は、先ほどの参考記事のGoogle スプレッドシートの項目をそのまんま使いました。

IFTTT の設定

If "THIS" のところ

  1. "Google Assistant" を選択 ※初回は、Google Home で使っている Google アカウントとの連携設定を行う
  2. "Say a phrase with a text ingredient" を選択
  3. 以下のように設定

this.jpg

これで、「OK, Google 日記 ほげほげ」や「OK, Google 日記を書く ほげほげ」と話しかけるというトリガーと、完了時に Google Home から "日記を書きました" というしゃべってくれる設定が完了です。

キーフレーズ設定の TIPS

キーフレーズになる言葉を設定する際には、実際に何度か Google Home に話しかけてみて、Google Home 管理アプリの「マイアクティビティ」から想定通りの音声認識がされているか確認してみると良いです。ありがちな認識間違いがあればそれも設定しておく、認識されやすいフレーズに変更するなどの対策が可能です。

THEN "THAT" のところ

Google Home が聞き取った「ほげほげ」の箇所を、Google Spreadsheetに入力します。

  1. "Google Drive Google Sheets" を選択 ※初回は、Google Drive で使っている Google アカウントとの連携設定を行う
  2. "Add row to spreadsheet" を選択
  3. 以下のように設定

that.jpg

こんなログが取れました

数日運用してみたのがこのスプレッドシートです。
なぜかタイで逮捕されているなど、たまに認識がダメダメなのはご愛敬。NGなのは主にむすめが登録したときなので、滑舌がいまいちなのかもしれない。
spreadsheet.jpg

今後の拡張案

キーフレーズを変えて、わたしとむすめ(8歳)で別々のログを取れるようにしたい。