Help us understand the problem. What is going on with this article?

ThingWorx カスタムウィジェットでJSONデータを受け取るとき

はじめに

対象読者
この記事は、下記の知識・スキルを持っている人を対象としています。

  • ThingWorx 開発の基礎値基礎
  • JavaScript の基礎知識

関連記事

対象バージョン

この記事は、ThingWorx 8.x で有効です。また、2019年10月に執筆していますので、情報の鮮度にはご注意ください。

カスタムウィジェットでJSONデータを受け取るとき

たとえば、STRING 型のデータをウィジェットに渡すには、ウィジェットの .runtime.js で updatePropety() 関数を次のように書きます。

runtime.js
this.updateProperty = function (updatePropertyInfo) {

    // 文字列データを受け取る場合

    var stringData;

    if (updatePropertyInfo.TargetProperty === 'String Data') {
        stringData = updatePropertyInfo.SinglePropertyValue;

    }
}   

STRING、NUMBER、DATE 型といった、ThingWorx にとってのプリミティブなデータ型を引数としてウィジェットに渡すにはこれでいいのですが、実際には JSON 形式のデータを渡したいことがあります。

残念なことに、updatePropertyInfo.SinglePropertyValue 経由では、JSON データは渡せません。JSON データをウィジェットで受け取りたいときには、次のように書きます。

runtime.js
this.updateProperty = function (updatePropertyInfo) {

    // JSON データを受け取る場合

    var rawData;
    var json;

    if (updatePropertyInfo.TargetProperty === 'JSON Data') {
        rawData = {}
        if (updatePropertyInfo.RawDataFromInvoke != undefined) {
            rawData = updatePropertyInfo.RawDataFromInvoke;
            json = rawData.rows[0].json;

            TW.log.debug(json.stringify());

        }
    }
}   

上記のように updatePropertyInfo.RawDataFromInvoke変数経由で JSON データを受け取ります。注意する点は、ウィジェットに渡した JSON データは INFOTABLE に格納され、ウィジェットには INFOTABLE ごと渡されると言う点です。このため、

json = rawData.rows[0].json;と、配列の最初の要素に含まれる json 変数にアクセスします。

上記の処理の後は、変数 json には渡したい JSON がはいってますので、あとは煮るなり焼くなりなんなりと。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした