Help us understand the problem. What is going on with this article?

ConoHaにVPS追加〜SSH接続するまでやってみた

備忘録も兼ねて

今回やること

  • ConoHaにVPSを設置
  • ユーザの作成
  • SSH鍵の作成、クライアント側の設定
  • SSH接続

ConoHaにVPS設置

まずはVPSの設置から行います。
ConoHaアカウント未取得の方は先に取得してください。
コントロールパネルにログインし、下記を選択します。

  • OSはCentOS(8.0)を選択
  • プランを選択
  • rootパスワード、ネームタグを入力
  • オプションのSSH Keyは「使用しない」

プランは要件にあったものを選択してください。
問題なければ追加を押すとVPSが設置されます。
Image from Gyazo

設置が完了したら、IPアドレスをメモしてください。事項で使用します。
Image from Gyazo

ユーザの作成

前項でメモしたIPアドレスとパスワードを使ってサーバにログインします。

$ ssh root@xxx.xxx.xxx.xxx -p 22
# パスワード入力
[root@xxx.xxx.xxx.xxx ~]# 

サーバにログインできたらユーザを作成します。

$ adduser hogeuser           # ユーザ作成
$ passwd hogeuser            # 作成したユーザにパスワードを設定
$ gpasswd -a hogeuser wheel  # wheelグループに追加
$ su hogeuser                # ログイン確認

SSH鍵の作成、クライアント側の設定

ユーザが作成できたら、クライアントからSSH接続できるようにします。

sshd_confを編集

$ sudo vim /etc/ssh/sshd_config 
RSAAuthentication yes                         # 追加
PubkeyAuthentication yes                      # コメントアウトされてたら外す
AuthorizedKeysFile      .ssh/authorized_keys  # コメントアウトされてたら外す

設定後、サービスを再起動します。

$ sudo service sshd restart

SSH鍵の作成

サーバで作成し、クライアントに設定します。

サーバ側

# まずSSH鍵を設置するディレクトリを作成
$ cd ~
$ mkdir .ssh
$ chmod 700 .ssh
$ cd .ssh

# SSH鍵の作成
$ ssh-keygen -t rsa -b 4096
Enter file in which to save the key:  # 秘密鍵の名前(任意)
Enter passphrase:                     # パスフレーズ
Enter same passphrase again:          # パスフレーズの確認

# 作成した公開鍵をリネーム
$ mv id_rsa.pub authorized_keys
$ chmod 600 authorized_keys
$ cat id_rsa  # 秘密鍵の内容をコピーしておく

クライアント側

# 秘密鍵を作成
$ cd ~/.ssh
$ vim id_rsa  # サーバでコピーした秘密鍵の内容を貼り付ける
$ chmod 600 id_rsa

ついでにconfigに接続情報を設定しておきます。

~/.ssh/config
conoha
  Host xxx.xxx.xxx.xxx
  User hogeuser
  Port 22
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa

SSH接続

$ ssh conoha
Enter passphrase for key '/Users/xxxxx/.ssh/conoha': # パスフレーズ入力
[hogeuser@xxx-xxx-xxx-xxx ~]$                        # 接続成功
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした