Help us understand the problem. What is going on with this article?

Terraformで管理しているAWS EBSボリュームを入れ替える

More than 1 year has passed since last update.

Terraform v0.8 以降で state をローカル以外にしていた時に、terraform importできない、aws_volume_attachmentのようなresourceを入れ替える方法です。

ディスクサイズの拡張はオンラインで出来るようになったため、EBSを切り替える必要はなくなっていますがディスクサイズの縮小が必要になってしまったので。

環境

  • terraform v0.11.0
    • stateのバックエンドをs3にしている。他のバックエンドでも同じ手順でいけるとは思います。

手順

aws_ebs_volume

EBSの入れ替えを行なった後にそのボリュームIDを控えておきます。
リソース名がnameとして

terraform state rm aws_ebs_volume.name
terraform import aws_ebs_volume.name vol-id

aws_ebs_volume については入れ替えできます。

aws_volume_attachment

まず、いまの stateファイルを取得します。

terraform state pull > state.tfstate

リソース名がnameだったとして、stateファイルから aws_volume_attachment.name を探すとこんな感じになっているはずです。

                "aws_volume_attachment.name": {
                    "type": "aws_volume_attachment",
                    "depends_on": [
                        "aws_ebs_volume.name",
                        "aws_instance.name"
                    ],
                    "primary": {
                        "id": "vai-id",
                        "attributes": {
                            "device_name": "/dev/sdb",
                            "id": "vai-id",
                            "instance_id": "i-id",
                            "volume_id": "vol-id"
                        },
                        "meta": {},
                        "tainted": false
                    },
                    "deposed": [],
                    "provider": "provider.aws"
                },

今回はこのボリュームを入れ替えたので、attributesvolume_idの値を、新しくしたEBSのボリュームIDにします。
また、この後stateファイルを入れ替えるので、stateファイルのserial を一つカウントアップしておきます。 serial でバージョンが管理されているためです。

書き換え終わったら下記を実行してバックエンド上のstateファイルを書き換えます。

terraform state push state.tfstate

これで terraform plan しても齟齬が出なくなって入れば完了です。

kanagi
wacul
人工知能でWebサイトの課題を発見する AIアナリスト https://wacul-ai.com を開発しています
https://wacul.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした