AndroidのGradleビルドでProguardのバージョンを指定する方法


Proguardのバグはつらい

Androidの開発中にうっかり特定バージョンのProguardのバグを踏んでしまい、痛い目を見ることがあります

バグっている箇所の特定もつらいし、回避する方法を探すのにも一苦労です


そんな時は

以下のようにProguardのバージョンを指定してあげると幸せになれます


build.gradle

buildscript {

configurations.all {
resolutionStrategy {
force 'net.sf.proguard:proguard-gradle:6.1.0beta2'
}
}
}

以上です。