Help us understand the problem. What is going on with this article?

OCI Logging で Custom Log を収集してみた

はじめに

OCI のログ管理サービス OCI Logging がリリースされ、 カスタム・ログを収集できるようになりました。インスタンスのログ管理がずいぶん楽になる新機能ですので、試してみたいと思います。
リリース時の発表 blog は以下です。
Oracle Cloud Infrastructure Loggingの正式リリース オラクルエンジニア通信 - 技術資料、マニュアル、セミナー -

ログ収集対象の動的グループをつくる

ログ収集は、動的グループ(Dynamic Group)に対して設定します。先に動的グループを作成しておきます。
動的グループはアイデンティティの下にあります。

image-20201120230244250.png

動的グループの作成から作成します。

image-20201120230214028.png

動的グループを作成します。ここではコンパートメント ID を指定して、特定のコンパートメント内のインスタンスを対象とする動的グループを作成します。
動的グループの一致ルールはドキュメントにも例があります。
動的グループの管理

image-20201120230753060.png

ログ収集用の設定をつくる

ロギングの設定はメニューの [ロギング] -> [ログ] にあります。

image-20201120225401384.png

カスタム・ログの作成からログ取得設定を作っていきます。

image-20201120225534498.png

カスタム・ログの作成画面からログ・グループを作成します。(事前にログ・グループを作っておいてもよいです)

image-20201120225636361.png

ログ・グループを作成します。入力項目は名前・説明です。

image-20201120225907478.png

カスタム・ログの作成をクリックして作成します。

image-20201120230031004.png

ホスト・グループでは動的グループとユーザ・グループが選択可能です。動的グループを選んでグループ名を選ぶと、ロギング・サービスを使用を許可するポリシーを作成するメニューが表示されるので、作成をクリックします。

image-20201120231244907.png

こんな感じでポリシーが作られます。

image-20201120231449951.png

ポリシーの中身としては以下のステートメントが追加されていました。

allow dynamic-group dynamic-grp-customlog to use log-content in tenancy

収集するログのパスを設定します。ファイル・パスの欄にパスを記載するのですが、パス入力後 Enter もしくは水色の部分をクリックで確定です。以下では /var/log 以下のすべてのログを対象にしています。ログ・パスのほかに Windows のイベントログの収集も可能です。

image-20201124225528250.png

こちらで一通りエージェント構成の作成ができたので、カスタム・ログの作成をクリックします。

image-20201124225719661.png

ログ収集ができたことの確認

ログ収集ができていることは、作成したログの設定から確認することができます。

image-20201120233148657.png

ログの設定画面の下部にログの探索画面があり取得されたログが表示されます。デフォルトの 5分のフィルタですと引っかからないケースも多いので、時間によるフィルタを長めにすると確認しやすくなります。また、ログ検索で探索メニューから詳細分析することも可能です。

image-20201125104802419.png

ログ検索の画面からはテキスト検索や JSON でのエクスポート、サービス・コネクタの作成(他のサービスへのログデータの連携)が可能です。

image-20201125104956536.png

まとめ

OCI の Logging サービスを利用することで、 OS のログ収集を簡単に行うことができました。今回は IaaS を対象として収集しましたが、次回は DBCS の PaaS 等でも収集対象にできるのか等試してみたいと思います。

k_kane
試して見たことを記録します。内容は私個人の意見・見解です。
http://k-kane.hatenablog.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away