Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@k_almajiro

Proxmox VE 5で仮想マシンのBIOS画面を入れ替える

More than 1 year has passed since last update.

Proxmoxの環境を最近、VE3からVE5にアップデートを検討中で、いろいろファイルを弄ったり仮想マシンで遊んでいたところ、KVMマシンを起動するときにBIOSがProxmoxオリジナルの起動画面だったので自分のものに変えてみた。

SeaBIOS

KVMのBIOSには、「SeaBIOS」を採用しているようで「Legacy BIOS」と「UEFI」でファイルの場所が違うようです。今回は、「Legacy BIOS」しかやりません。

ファイルの用意

Splashscreen本体は、Proxmox上の/usr/share/qemu-server/bootsplash.jpgからscpとかでローカルに持ってきます。

新しく画層を作成する場合は、「640x480」で画像を作成します。ちなみに、画像編集ソフトは、「GIMP」を使います。

作成または、元ファイルから好みの画像を作り終えたら、「Image」->「Mode」->「Index」を選択肢以下のように設定します。
Screen-Shot-2019-04-28-at-9.37.51-PM.png

また、ファイルを出力する際、「Advanced Options」の部分を以下のように設定し出力しないと、ファイルを入れ替えても画像を認識しなくなるので注意しましょう。
Screen-Shot-2019-04-28-at-9.39.26-PM-1024x1001.png

出力後、/usr/share/qemu-server/bootsplash.jpgを上書きし、仮想マシンを再起動させれば一瞬ですがオリジナルのSplashscreenが見れます。

Screen-Shot-2019-04-28-at-2.32.11-PM-1024x603.png

最後に

こんなに便利なものが無料で使えるなんていい時代ですね。LXCコンテナも使えるし、スペックの低いサーバーでも問題なく使えているので、OpenStackで挫折した方は、Proxmoxを検討しても良いかもしれませんね。あと、PCIやUSBパススルーも簡単に行えて超便利です。

0
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
0
Help us understand the problem. What is going on with this article?