LoginSignup
20
12

More than 1 year has passed since last update.

ReactでGoogle Calendar連携を超簡単に実装する方法

Last updated at Posted at 2021-03-23

概要

今回はReactでGoogle Calendar連携を実装する際に便利なreact-google-calendar-apiというパッケージを紹介します。
このパッケージを利用するだけ超簡単にGoogle Calendar連携を行うことができます!

事前に

アプリの作成

Reactのアプリを作成しておいてください。

Calendar APIの準備

こちらからClient IDと API Keyの取得をしてください。
Google Cloud Platformの「APIとサービス」>「認証情報」からも設定可能です。

実装

APIの設定

プロジェクトのルートにapiGoogleconfig.json作成し、情API報を記載します。
Scopeはcalendar.eventsとしていますが、実際にはこちらを参考に用途に応じて設定してください。
*本番用にAPI申請する場合、こちらのScopeが必要最低限の設定になっていないとリジェクトされます。

{
  "clientId": CLIENT_ID,
  "apiKey": API_KEY,
  "scope": "https://www.googleapis.com/auth/calendar.events",
  "discoveryDocs": ["https://www.googleapis.com/discovery/v1/apis/calendar/v3/rest"]
}

インストール

パッケージをインストールします。

npm install --save react-google-calendar-api

取得処理

1.パッケージを読み込む
2.認証チェック
2’.認証していなければOAuth認証
3.イベントの取得

// 1.パッケージを読み込む
import ApiCalendar from "react-google-calendar-api";
import './App.css';

function App() {
  const getEvents = async () => {
    return new Promise(async (resolve, reject) => {
      // 2.認証チェック
      if (ApiCalendar.sign) {
         // 3.イベントの取得
         ApiCalendar.listEvents({
            timeMin: new Date().toISOString(),
            timeMax: new Date().addDays(10).toISOString(),
            showDeleted: true,
            maxResults: 10,
            orderBy: 'updated'
          }).then(({ result }) => {
            if (result.items) {
              console.log("Events From Calendar", result.items);
            } else {
              console.log("No Events")
            }

            resolve(result);
          });
      } else {
        // 2’.認証していなければOAuth認証
        ApiCalendar.handleAuthClick();

        resolve(null);
      }
    })
  };

  return (
    <div className="App">
      <button onclick="() => getEvents()">Get Events</button>
    </div>
  );
}

export default App;

取得結果

スクリーンショット 2021-03-20 22.54.28.png

他にも

イベント取得以外にもGoogle Calendarに関する処理を簡単に実装できます。
下記はカレンダー情報を更新する例です。

    const event = {
      description: "detail", // 詳細
      summary: "ミーティング", // タイトル
      start: { date: tartDate }, // 開始日
      end: { date: endDate }, // 終了日
    };
    await ApiCalendar.updateEvent(event, EVENT_ID);

まとめ

react-google-calendar-apiを利用すれば超簡単にGoogle Calendar連携ができることをわかっていただけたと思います。
ぜひ活用してみてください!
また、データベースの予定とカレンダーから取得した予定の差分取得をlodashで行う方法をこちらに書いているので、よければこご覧になってください。



- Miyata Koki -
O:inc.でAmplify×React×React Nativeを使用して開発しています。大学のゼミでは統計学をPythonで行っています。
インターンやゼミで学んだ情報を発信していくので、フォロバもしますのでぜひこちらのアカウントのフォローお願いします!

20
12
2

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
20
12