Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

アウトプットで振り返るPLAIDの2019年

More than 1 year has passed since last update.

プレイドでProduct Specialist Engineerをしている@jumpei_ikegamiです。

さて、2019年も早いものであと1ヶ月。
PLAID Advent Calendarも、今年で3回目となりました。

PLAID Advent Calendar 2018 - Qiita
PLAID Advent Calendar 2017 - Qiita

毎年恒例ですが、トップバッターとなるこの記事では、KARTE開発チームが発信した技術ブログ、技術勉強会、イベント協賛などのアウトプット活動をまとめてご紹介します。

プレスリリース

まず、プレイドやKARTEの一年を概観するために、プレスリリースをざっと振り返ります。

(そもそもプレイドって何やってる会社?という方は、コーポレートサイトKARTEサービスサイトをまずご覧ください!)

外部サービスとの連携を強めることでKARTEの可能性を広げた

今年は、外部サービスとの連携を強めた年でした。
特に、Google Cloud AI、Looker、DataRobot、Amazon Payなど、グローバルで提供されているサービスとの連携が多く実現されました。

Googleからの資金調達を発表

外部連携の流れの中で、つい数日前に、Googleからの資金調達を発表しました。

KARTEとして、初のCMやカンファレンスに挑戦

KARTEで実現したい世界観を広めるために、CMを公開したり、ビジネスカンファレンスを実施したりしました。

サイトやアプリへのKARTE導入がさらに進んだ

ありがたいことに、KARTEを導入してくださるサイトやNativeアプリも増えました。
KARTEが処理しなければいけないトラフィックも、どんどん増えています。

総じて、会社やプロダクトの見られ方が大きく変わり、できることが増えて可能性が飛躍的に広がった一年だったように思います。

エンジニアブログ

プレイドでは、PLAID Engineer Blogに持ち回りで記事を投稿しています。今年もたくさんの記事がブログに投稿されました。

技術ネタ

BigQuery、Vue.jsなど、プレイドですでに使われている技術スタックに関して、現場感のある記事が多く生み出されました。

イベント・活動報告系

Google Cloud Nextへの参加レポートなど、イベント報告系の記事も多数あります。

プレイドについての記事

卒業するインターンや新しいメンバーに、「プレイドってどうよ?」という視点で記事を書いてもらうことも増えました。
僕はプレイドに3年もいるので、フレッシュな目線で会社やプロダクトを見つめ直せて良いです。

カンファレンスやシンポジウムへの協賛

外部のカンファレンスにも、スポンサーする機会が多くありました。

プレイド主催のエンジニア向けイベント

プレイドが主催するエンジニア向けイベントとしても、2ヶ月に1回くらいのペースで開催していました。
エムスリーさん、ラクスルさん、DevLOVEさんなど、外部の企業やコミュニティとのイベント共催も盛んに行い、新しいつながりが広がりました。

また、2019年5月にはGinza.jsというJavaScript勉強会を僕が立ち上げ、プレイドのイベントスペースを使って毎月定期開催しています。

まとめ

エンジニアの目線で、プレイドの2019年を振り返ってみました。
プレイドにとっては、事業、サービス、人の交流、全ての領域で外部への広がりやつながりが増した1年だったなあと、改めて思います。
来年は、2019年に広がった可能性を実際の価値として実装していけるように、色々とトライしていきます!

plaid
CXプラットフォーム「KARTE」の開発・運営、EC特化型メディア「Shopping Tribe」の企画・運営、CX特化型メディア「XD(クロスディー)」の企画・運営
https://plaid.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away