Help us understand the problem. What is going on with this article?

GASで文字コード指定してファイルを書き出す

More than 5 years have passed since last update.

方法

以下の処理により文字コード指定してファイルを書き出すことが可能になる。

  1. 空のBlobを生成
  2. Blobに書き出したい文字列と文字コードをセット
  3. Blobをファイルに書き出し

コードで表すと以下のとおり

var blob = Utilities.newBlob("", contentType, fileName);
blob.setDataFromString(string, charSet);
DocsList.createFile(blob);

解説

GASから任意の文字列をテキストファイルとして書き出すにはDocsList.createFile(string, contentType)により可能だが、文字コードを指定して書き出すことはできない。そこで、文字コード指定のできるBlob生成をしてからDocsList.createFile(Blob)することで、指定した文字コードでファイルを書き出してやる。

またBlobについて、新しくBlobを生成する時に文字コード指定ができないので、いったん空でBlobを生成したのちにBlob.setDataFromString(string, charset)で文字コードを渡してあげる必要がある。

以上を合わせると上に示したような処理になる。

サンプル

開いているシートをShift_JISなcsvとして書き出す。

code.gs
function outputSheetToCsvFile() {
  // 定数
  var fileName = "μ's.csv";
  var contentType = "text/csv";
  var charSet = "Shift_JIS";
  var lineDelimiter = ",";
  var newLineChar = "\r\n";

  // 開いているシートからデータを取得
  var range = SpreadsheetApp.getActiveSheet().getDataRange();
  var values = range.getValues();

  // 2次元配列になっているデータをcsvのstringに変換
  var csvString = underscoreGS._map(
    values,
    function(row){return row.join(lineDelimiter);}
  ).join(newLineChar);

  // Shift_JISなBlobに変換
  var blob = Utilities.newBlob("", contentType, fileName).setDataFromString(csvString, charSet);

  // Blobをファイルに出力
  DocsList.createFile(blob);
}

function onOpen() {
  // メニューバーにカスタムメニューを追加
  var spreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var entries = [{
    name : "シートをCSV(Shift_JIS)で出力",
    functionName : "outputSheetToCsvFile"
  }];
  spreadsheet.addMenu("CUSTOM MENU", entries);
};

実行結果

これが

スプレッドシート

↓↓↓こうなる↓↓↓

csv

参照

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした