Edited at

Atomプラグインの設定項目を指定する

More than 5 years have passed since last update.

command + , でAtom用の設定画面が開けます。

そこで、自作したプラグイン用に設定項目を追加しましょう!


設定項目を追加


coffescript:qiita-yoosei.coffee


QiitaYooseiView = require './qiita-yoosei-view'

module.exports =
qiitaYooseiView: null,
configDefaults: {
url_name : "",
pass : "",
token : ""
},

#省略


今回は、qiitaのAPIで使うパラメータを設定する事にしました。

url_name

pass

token

この三つです。

configDefaultsに Key Valueで渡すと、Atomの設定項目で表示されるようになります。

設定画面はこんな感じになります。

スクリーンショット 2014-03-24 9.53.41.png

ちなみに、Valueの箇所を true, falseにすると、設定画面ないの項目が

テキストボックスじゃなく、チェックボックスになります。

configDefaults: {

is_enable : false
},


項目の取得、コード内で項目の値の設定の仕方

取得や設定するには、Configクラスを使います。


//取得
atom.config.get('qiita-yoosei.token')

//設定
atom.config.set('qiita-yoosei.user', 'johna1203')


今後の課題

できるかどうかは、まだ未定ですが

パスワード項目には、プレーンテキストじゃなくてパスワードのタイプにして

パスワードを隠したいですね。。。

まだ、やり方がわかりませんが、調べたら書くようにします。