Help us understand the problem. What is going on with this article?

tigでvimdiffツールを起動する

More than 1 year has passed since last update.

tigは慣れると便利なのですが、標準の差分表示がUnified形式なのが、あまり好きではないです。

なので、vimdiffを使って差分表示できるようにキーバインドを変更してみました。

~/.tigrc
# vimdiffで確認をする
bind generic D      !git difftool --tool=vimdiff --no-prompt --trust-exit-code %(commit)^!

ついでに、~/.vimrcの設定もします。
(既に設定してあれば不要です)

~/.vimrc
" vimdiffの色設定
highlight DiffAdd    cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=22
highlight DiffDelete cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=52
highlight DiffChange cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=17
highlight DiffText   cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=21

設定ができたので、
main view で Shift+dを押して、差分表示をしてみます。

追加差分

image.png

行に差分がある場合

image.png

Unified形式で差分表示した場合

image.png

差分が左右に表示されて、見やすくなりました。
好みの問題だとは思いますが、個人的にはこちらの方が好きです。
一応main viewの状態でdを押せば、今まで通りUnified形式でも表示出来るので、必要に応じて使い分けができそうです。

参考URL

vimdiff-like Diff View
vimdiffの色設定を変更して見やすくする(黒背景用)

jnuank
医療機器エンジニア(ドライバー持つ人)→ C# → bash 趣味でHaskell モブプロとかモブワークとか、そういうチームとしての活動系が好き
https://speakerdeck.com/jnuank
hands-lab
ハンズラボは小売業特化型ITソリューション企業です。数十万に及ぶ膨大な商品マスタを扱ってきた豊富なノウハウで、お客様の現場に最適なシステムを提案・開発します。 エンジニア募集中
https://www.hands-lab.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away