Posted at

tigでvimdiffツールを起動する

tigは慣れると便利なのですが、標準の差分表示がUnified形式なのが、あまり好きではないです。

なので、vimdiffを使って差分表示できるようにキーバインドを変更してみました。


~/.tigrc

# vimdiffで確認をする

bind generic D !git difftool --tool=vimdiff --no-prompt --trust-exit-code %(commit)^!


ついでに、~/.vimrcの設定もします。

(既に設定してあれば不要です)


~/.vimrc

" vimdiffの色設定

highlight DiffAdd cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=22
highlight DiffDelete cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=52
highlight DiffChange cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=17
highlight DiffText cterm=bold ctermfg=10 ctermbg=21

設定ができたので、

main view で Shift+dを押して、差分表示をしてみます。


追加差分

image.png


行に差分がある場合

image.png


Unified形式で差分表示した場合

image.png

差分が左右に表示されて、見やすくなりました。

好みの問題だとは思いますが、個人的にはこちらの方が好きです。

一応main viewの状態でdを押せば、今まで通りUnified形式でも表示出来るので、必要に応じて使い分けができそうです。


参考URL

vimdiff-like Diff View

vimdiffの色設定を変更して見やすくする(黒背景用)