PHP
3v4l
ネットサービス
PHPDay 4

3v4lでPHPの動作検証

Web上でプログラムの動作を確認できるツールもいくつか存在しますが、今回は3v4lを紹介します。

入力部のUI

https://3v4l.org/ を開けば、さっそく最上部に<?phpとだけ書かれたエディタが出現します。つまり、このサイトはPHP専用です。コードを入力して、下にあるeval();ボタンを押せば、実行が始まります。明示的な保存はないのですが、実行するとURLが生成されるので、それでコードを共有することができます。

真骨頂

paiza.ioなど、PHPを含む多言語でこのようなことができるサービスもありますが、3v4lの真骨頂はこの先です。実行結果の上部に「Output for hhvm-3.18.5 - 3.22.0, 7.0.0 - 7.2.0rc6」のように出ますが、複数のバージョンを一気に実行して、それぞれを比較してくれます。

たとえば、PHP 7で使えるようになった「intのタイプヒント」も、このようにPHP 7とPHP 5での実行結果の違いがはっきり出ます。

さらに、入力画面の下の方にある「eol versions」にチェックを付ければ、サポート切れになっている古いPHPでも実行してくれます(なんと、PHP 4.3からあります)。

詳細情報

タブを切り替えれば、実行結果だけでなく、バージョンごとの実行時間の分析や、実行するオペコードの表示もあって、PHPコードの分析全般に役立つサイトとなっています。

その他

「3v4l」という名前は、「eval」を数字に書き換えてもじったもの、とのことです。