Bash
コマンドプロンプト
PowerShell
筋肉エンジニア

はじめまして。おはようございます。
この記事は、筋肉エンジニアアドベントカレンダー2017の20日目の記事です。
今月頭に待ちに待った Google Home が我が家にやってきまして、毎朝
「OK, Google. おはよう」「おはようございます。今日は12月~」
「OK, Google. いってきます」「またいつでもどうぞ」
なーんて遊んでいるので、絶対に Actions on Google の記事を書くぞ :muscle: と息巻いていたのですが
全く手つかずのまま公開日を迎えてしまいそうなので 代替記事を上げます。
新年、リベンジしてこの記事にリンク入れられるようにがんばります……!

さて、業務で様々なOSを触る機会のあるエンジニアの皆さん。
ある日は会社支給のWindows PC、またある日は自分の個人端末のMacBookと
いろんな端末を触っていると思います。
そんなときにふと忘れてしまって、検索するほどでもないがモヤモヤ気になるのが コンソールをクリアする方法ですよね。
……ですよね?

というわけで自分の備忘録を兼ねてまとめてみました。

bash

clearコマンド or [Ctrl + l(エル)]

$clear

macOS

clearコマンド or [command ⌘ -k] or [control ⌃ + l(エル)]

$clear

Windows コマンドプロンプト のクリア

clsコマンド

C:\>cls

Powershell

内部関数Clear-Host

C:\>Clear-Host

以上です。
キーボードショートカットが使えるものは、コマンドよりもキーボードショートカットのほうが
スクリプトが走ってログが出ている最中でもクリアできたりと便利な気がします。
年末大掃除と一緒につけっぱなしのコンソールも綺麗にしてしまって
2018年をスッキリした気持ちで迎えましょう!